我慢強いアップルパイ子ちゃんVS全身チーズ人間

作者 羽座日出樹

47

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

かつて牡蠣を食い荒らしたヒトデに腹を立てた漁師がヒトデをぶちぶち千切って海に投げ捨てたら断片から増殖したヒトデで牡蠣漁は壊滅的被害をこうむったそうですね(作品と関係のない話)

断片から増殖し殲滅せんかのごとく押し寄せてくる天丼の嵐。嵐のような天丼。牡蠣よりヒトデなのに天丼とはこれいかに。
いやさ、愛さえ伝わればあとは好きしてキスして猪突猛進。まさに疾風怒濤、愛の化身たる全身チーズ人間が結局はこの作品の真骨頂。大気圏も火山もなんのその。でも溶けますよね?チーズですよね?

要するに愛とは激しいものである。人気のジェットコースターのようにくどいループをくり返してなお加速していく。惜しむらくは安全バーさえチーズでできていること。必死でしがみついていないと手持ちのアップルパイごと振り落とされてバラバラのアップル・オア・パイにされるが、そんな読感の方がきっと生きた心地がする。しました。