救世の勇者よさらば ー歪んだ現代⇒歪んだ異世界/少年は、無数の世界を救う旅に出るー

作者 戊 土矢

少年は少女と出会った。そして日常が崩れた。

  • ★★★ Excellent!!!

ご縁があり、この物語に出会いました。更新分まで読み終えましたので、レビューさせていただきます。

本作は「少女は戦っていて、少年は死にかけていた。」この一文から始まる物語です。しかも、その周囲には数えきれないほどの死体が転がっているという始末。
何故少年は死にかけているのか、戦っている少女は誰なのか。ど初っ端から一体何が起こっているんだ!? と期待させてくれるスタートです。

そこから始まるのは、まるで漫画を読んでいるかのような戦いの軌跡。そして、少年が持っている未知の力。そんな彼と少女の出会いは、まさに運命と呼ぶものだったのかもしれません。
しかもその後の展開もまた、ジェットコースターのような怒涛の勢いで進んでいきます。現れる新たな敵。崩れる日常。特異な能力と、主人公の彼に訪れる選択の時。命の危機に瀕した時、彼は一体、何を選ぶのか……この続きは是非、本編で。

現役中二病患者の私個人的には、各所の用語に振られたルビもまた良きもの。漢字にカタカナ充ての単語って良いよね……良い……。

世界の違和感に迫る、異世界バトルファンタジー。
他の皆さんも是非読んでみてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

沖田ねてるさんの他のおすすめレビュー 304