デルギ・ハンの大叛乱―皇孫アリンの復讐― ᡩᡝᡵᡤᡳ ᡥᠠᠨᡳ ᠠᠮᠪᠠ ᡶᠠᠴᡠᡥᡡᠨ ᠈ ᡥᡡᠸᠠᠩᡩᡳ ᠣᠮᠣᠯᠣ ᠠᠯᡳᠨᡳ ᡴᠠᡵᡠ ᡤᠠᡳᡵᡝ

作者 辰井圭斗

54

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

内容については既にさんざん語られているでしょうから、読者として感じた感慨のようなものを書きます。長編小説をちゃんと読破するのは久方ぶりのことなのですが、二十何話目くらいを読んでいる頃、「あと数話で終わってしまうのか。残念だな」という思いでおりました。それくらい面白く、ワクワクさせられる作品でした。
最終話を読み終えた今の時点では、「人生の続くうちにこの小説を読んでおいてよかった」という思いでいっぱいです。
まだ読んでない人、読みましょう。読むべきだ。

★★★ Excellent!!!

単に「運命のいたずら」では済ませられない、時代を駆け抜けた者たちの苦悩、葛藤、怨嗟――そういったものが丹精に描かれ、それでいてコンパクトに纏まった作品。

……あまり適切なレビューが書ける気がしないので、気になる方は改訂前の作品に寄せられたレビューをご参照くださいますよう。闘いの中に別段救いを求めないという人であるならば、とりあえず読んで損は無い作品なのではないかと。