赫崎恭个の怪奇事件簿

作者 梅星 如雨露

16

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

多彩な語彙力を持つ筆力の高い著者さんの作品だと思います。
ホラーなので恐怖描写に力を入れているのですが、豊かな表現力でどこか美しい印象を受けました。
伊折が特にキャラ立ちしていて好みなので、どう活躍していくのか今後が楽しみです。

少し固有名詞の読み方が難しいのでルビを振っていただけるとより没入できて良いのかなとは思いました。

★★★ Excellent!!!

独特の耽美な世界観に彩られた探偵物語です。狂気と怪異もほどよいバランスでにじんでおり、作中のセリフ「あかい、天女の、桜。首を吊る男……地獄……か」が琴線に触れる人なら一読の価値ありと思います。

古典をオマージュしたイメージの作り込みも美しく、きわどい世界観に一役買っています。まだ完結していないので、ミステリとして成立するのかどうかわかりませんが、ミステリとして完結しなくても耽美と狂気の怪異譚として楽しめます。ミステリとして完結しても、「主観的な経験、それが現実だ。」という言葉が示すように一癖も二癖もある解決になりそうです。個人的には、「主観的」というところで、「姑獲鳥の夏」を彷彿しました。

多少気になったのは、耽美と狂気に必要な「神は細部に宿る」がもう少しあってもよかったかな、という点です。たとえば人名や地名以外の固有名詞が出てくるのがとても少ない。冒頭の向精神薬の名前以降はほとんどありません。カクテルの名前やクリーミーなチーズの名前、酒の名前はほしかったりします。
同様に情景や絵画などでも言葉少なくてもイメージを喚起できる描写があるとより深みが出たと思います。
それと「なにげない描写」もせっかくなのでほしかったです。とても印象的なシーンや人物が多いのですが、それを際立たせるためにもなにげない当たり前の描写があってもよかったと思います。

テンポよく展開して読者をぐいぐい引っぱって行くやり方と、じっくりていねいに作品の雰囲気を醸成してゆくやり方だと後者の方だと思ったので細かいことが気になりました。
ただし、あくまで個人的な感想なので適当に聞き流してください。

追記
続きを読みながらBGM代わりに『紀子の食卓』(園子温)を流していました。妙にこの小説と合いますね。いや、当然というべきなのかもしれません。