End Summer

にゃんこう

End Summer

 八月三十一日は夏休み最終日。


 高校三年生であり同時に受験生でもあるわたしの夏休みは、休みといえるほどのものではなかった。もちろん遊び惚けていたわけじゃない。マグロの漬け丼にも劣らないくらい勉強漬けの毎日だった。そんなわたしは最期の夏休みを満喫まんきつしたくてキャリーケースに荷物をつめて家を出た。


 蝶の刺繡ししゅうがある白いワンピースと麦わら帽子。ベタオブザベタな恰好である。自分探しの旅をする人の恰好ランキングがあったら、今の自分は一位か二位を争うだろう。全身鏡に映る自分の姿に思わず鼻で笑ってしまった。うん、嫌いじゃない。


 ―――ミーンミーンミーンミーン。


 碧い空に、大きな入道雲。日本特有のじめっとした猛暑もうしょに、蝉の求愛行動。


「あちゅ……」


 我慢の限界だった。暑すぎる。ワンピースと肌がへばりつくのが不快ふかいだ。湘南のビーチでナンパしてくるパーリぃーピーポー並みに不快である。生涯ナンパされたことないけれど。でもそれもあと少しの我慢だ。その不快感を爽快感そうかいかんに変えるためにわたしはある場所に向かっていた。


 良く言えば天使の水浴び場、またの名を市民プール。

 最寄り駅からまっすぐ歩くと焼肉ぎゅうと焼肉ぶうが対角線上にある交差点にさしかかる。そこを焼肉ぶうの方面へ曲がり、信号の四つ目を左に曲がると市民プールがある。テニスコート二面ほどの屋外市民プール。夏になると子供や健康志向けんこうしこうのお年寄りで溢れかえるが、今日は誰もない。貸し切りである。


「さてと」


 市民プール独特の匂いがする更衣室で服を脱ぐ――が、誰もいないのは分かっていてもやはり全裸になって着替えるのはずかしい。あっちこっちに視線をめぐらせながら個室で水着に着替える。


「……」


 赤色の生地に黒い点がいくつもある、まるでテントウムシのような水着に変身した。いや、テントウムシは訂正ていせいしよう。苺のような水着である。誰かに見られるわけではないから適当に水着を持ってきたがちょっぴり後悔している。まあどうせ誰もいないだから気にしすぎても仕方がない。ほなまずはプールサイドで準備体操を……お?


「よう湯崎ゆざき

「……」


 わたしは天を仰いだ。恥ずかしくなって両手で顔を覆う。

 残念ながら貸し切りではなかった。わたしを湯崎と呼ぶ彼は同級生の双葉一葉ふたばかずは。水泳部の前部長で、一か月前の全国大会で初戦敗退し引退。陰キャのわたしとは正反対の陽キャである。天使の水浴び場を汚すパーリぃーピーポー野郎だ。そんな彼はわたしに指をさしてこう言った。


「テントウムシの妖精かよw」


 そのボケに恥じらいは消え失せた。わたしは渾身こんしんの足蹴りを彼の腹部におみまいする。まるで車に跳ねられたかの如く、彼はきれいな曲線を描いてプールの中心に落ちていった。ざっぶーん。いっけなーい殺意殺意。


「おまっ、殺す気か!」


 そう叫んでいるが、彼はどことなく楽しそうに笑っていた。わたしも笑っていた。


「なあ湯崎、ひとつ勝負しないか」


 彼はプールの端から端を指でさす。どうやら25メートルの泳ぎの勝負がしたいらしい。


「負けたらアイス奢り。ハンデはそうだなぁ……俺は平泳ぎにするよ。これでどうだ、こういう賭け事、お前好きだろう」

「ん」


 水中のチワワの異名を持つわたしに平泳ぎとは舐められたものだ。わたしは助走をつけて思いっきりジャンプ。彼の近くで大きな水しぶきをあげた。


 ―――ミーンミーンミーン。


 勝負はもちろんわたしの負け。5戦5敗の圧倒的敗北。そりゃあ全国大会に出場しているやつに水中のチワワが勝てるはずがない。でも約束は約束なので、アイス自販機で氷菓をふたつ購入して憎たらしく彼に投げた。平然とキャッチするところがバリむかつく。


「サンキュ。湯崎はこれからどうするんだ」

「夏らしいことしようかなって思ってる。花火したり思いつくもの全部」

「それはいいな。そのキャリーケースには夏らしいことをするための道具が入ってるのか?」

「そ」


 この後は何しようか。アイスを咥えながら考えていると、双葉が「よし」と声を張った。


「決めた。湯崎、俺も一緒に行っていいか?」


 その時のわたしは一体どんな顔をしていただろうか。少なくとも嫌な顔はしていなかったと思う。だってわたしの顔を見て双葉が嬉しそうに笑ったから。


「だったら車運転して。水族館行きたい」

「めちゃくちゃ言うなぁ。車の運転なんてレースゲームでしかやったことないぞ。事故っても知らないからな」


 それから双葉は「ここで待ってて」と言い残して車を探しに行った。数分後、双葉が用意した車は諭吉が何千人も必要な、いわゆる高級外車であった。


「冷房が効いてた方がいいと思って、天井有りのものにした」

「ん、分かってるじゃん」


 ボタン一つで開く自動ドアは、横でも縦でもなく斜め上に上昇する。トランス〇ォーマーで見たことがある。思わず「おぉ~」と感嘆の声が漏れてしまう。ふかふかな座席にアルプス山脈のふもとに吹く風のようなエアコンの冷風。文句ない。


「ところで湯崎、どこの水族館に行くつもり?」

「ここから一番近いところは品川かな。それに首都高、爆走したいでしょ?」

「分かってるじゃん」


 双葉はエンジンをかけて猛スピードで車道に飛び出す。縁石えんせきに乗り上げたり壁にぶつかったり、数えきれないくらい心臓が飛び出しそうになったが無事に生きて水族館に到着できた。水族館を見て回り、海に入り、砂浜で花火をした。とりあえず夏らしいことを思い出せる限り双葉とあそび尽くした。


 ――ミーンミーン。


 夕刻。美しい夕陽を横目に高速道路を走っていた。疲労困憊ひろうこんぱいのわたしは助手席で眠気と戦っていた。車から流れるバラード曲が眠りを誘う。双葉も眠いはずなのにひとつも文句を言わずに慣れない運転をしてくれている。彼氏ができるとしたらこんな男がいいな。


「湯崎は将来の夢とかあるのか?」


 双葉は落ち着いた声でそう言った。わたしは「んー」と唸る。


「俺は教師になりたいんだ。あわよくば水泳部の顧問にもなりたい。湯崎は?」

「わたしはアイドルになりたかったなぁ。踊って歌ってちやほやされるアイドルに」


 初めて口に出した心の奥底に閉じ込めていた夢。ほこりの被った夢。小さい頃の夢の話じゃない、今の話だ。わたしはアイドルになりたい。公務員じゃなくてアイドルに。


「いいじゃん。今日の湯崎はアイドルみたいに可愛いよ。ずっとドキドキしてる」

「それ吊り橋効果なんじゃないの?」

「多分違うと思う。湯崎がテントウムシの水着姿の時はこんな気持ちにはならなかったからな」

「はったおすぞ」


 それから車を走らせて数時間、双葉から最後にどこへ行きたいか訊ねられて学校の屋上を選んだ。まだ線香花火が残っている。屋上で花火がしたい気分だった。空も暗くなってきているし、さぞ花火がキレイに見えるだろう。


「金属バットで校舎のガラスを割るとか双葉って案外、大胆なんだね」

「一度やってみたかったんだよな」


 学校の窓ガラスを割って侵入。真っ暗で誰もいない学校は幽霊でも現れそうな雰囲気があった。階段を上ると服が引っ張られている気がした。やはり夜間の学校には科学では説明できないこの世の理から外れたモノが現れるんだ。わたしは興奮して振り返る。双葉だった。


「何してんの」


 双葉はわたしの服の端っこを摘まんでいた。興味本位で双葉の手を振り払ってみたが、迷子を恐れる子供のように再び服を摘まむ。


「湯崎はお化けとか怖くないのか?」

「むしろ会いたいくらい」

「会ってどうするんだよ」

「死後について聞きたい。どんな感じなのか知りたいなぁ」

「ははっ……まあそうだな」


 双葉は軽く笑う。それ以降、屋上のドアをあけるまで双葉は一度も喋らなかった。


 ――ミーン。


 屋上は風が強く吹いていて心地よかった。この風じゃあ線香花火は無理だ。わたしはレジャーシート並みのタオルケットを広げて仰向あおむけになる。双葉も隣に寝ころがる。


「夏が終わっちゃうね」

「そうだな」


 夏が終わる。もうじき八月が終わる。


 彼は「最期の夏はどうでしたか湯崎選手」と、マイクを持っている素振りでわたしに質問する。最期ぐらい悪ふざけに付き合ってやろう。


「えぇそうですねぇ、勉強漬けの毎日でした。数学に英語に現代文、科学に歴史の過去問をひたすら解いてましたよ。それがわたしのプロフェッショナルです」

「さすが成績優秀せいせきゆうしゅうの湯崎選手だ。偉いですね」

「頭がおかしくなりそうだったからね。先のない未来に何をしても無意味だと思うと何もしたくなくなって、でも何もしないと不安で怖くて。現実を受け入れたくなくて考えたくなくて、わたしは勉強ばかりしていた」


 わたしは星を掴むように手を伸ばした。双葉は何も言わずにわたしの手を握ってくれた。彼の優しさに目頭が熱くなる。


「死にたくないなあ……」


『地球に巨大隕石が落下する』、NASAから全世界に向けて発表されたのは八月の上旬ごろだった。


 その隕石は地球の大きさの5倍でアジアを中心に衝突する。衝突する日は八月三十一日。ミサイルや人工衛星をぶつけても無駄に終わった。夏休みの最終日が人類滅亡の最期の日であった。今も頭上には隕石が見える。真っ赤に燃えた隕石が。きっとあと十数時間で衝突するのだろう。


「両親も友人も、みんな家に籠ってセックスだよ」

「……」


 それが動物の本能なのだろう。死に際になるとたねを残そうと本能が働きかけて性欲があがる。それに性交は一種の麻薬でもある。ひとときの快楽が死ぬことを忘れられるのだろう。


「俺も湯崎と同じようなもんだ。現実逃避であの市民プールで毎日のように泳いでた。そしたら夏休み最終日になってた」

「本当に死ぬのかな、わたしたち」

「死ぬでしょ。あれを見たら誰だって死を覚悟するよ」

「やりたいことも沢山あったんだけどなぁ。結婚もしてみたかった」

「俺も大学で遊んで、遊んで、遊びたかった」

「己に素直でよろしい」


 もうすぐ死ぬ実感がないから涙は出ない。双葉も星を眺めるみたいに隕石を見つめていた。


「湯崎、好きだ」


 唐突の告白にわたしの思考は一瞬止まる。告白なんて生まれて一度もされたことがなかったため素直に嬉しかった。吊り橋効果だろうが嬉しかった。


「ん、ありがとう。わたしも今日一日過ごして双葉が好きになったよ」

「だったら」

「セックスはしない」


 双葉は言葉を詰まらせる。図星だったか。


「俺は童貞のまま死ぬかぁ…」

「いいじゃんそれで。セックスしたら双葉満足しちゃうでしょ。満足しちゃったら生まれ変わったときに私たちが結ばれることが無くなっちゃうかもしれないじゃん。後悔があるほうが、心残りがあるほうが、また来世も一緒になる可能性が高くなるんだよ。自然と惹かれあうんだよ。もう会えないなんてそんなの嫌だよ」

「湯崎……」

「セックスはしません。でもキスはしてあげます」

「ほんとか!」


 双葉は顔を近づけてくる。唇を膨らませてそのままキスする勢いだった。ロマンチックが欠けたキスはお断りだ。ビタンッ。彼のほっぺをひっぱたたいてやった。


「――!?」


 赤らめた頬を触りながら唖然とする双葉。彼の間抜まぬけ顔が面白くて鼻で笑ってしまう。


「目を閉じて。わたしがする」


 彼に身体を近づけてゆっくりと押し倒す。彼はされるがままで簡単に押し倒すことができた。初めての接吻。温かくてしょっぱい味がする。


 わたしと彼は意識を失うまで唇を重ね続けた。


 ――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

End Summer にゃんこう @Nyankou

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ