退魔師一家の平凡な私

作者 無月兄

日常に潜む闇はすぐそばであなたを見ている

  • ★★★ Excellent!!!

皆さまは本当の友達って何なんだろうって考えたことありますか?

一緒に遊べば友達なのでしょうか、ラインをしていれば友達なのでしょうか?
互いの名前を読んで親しくしていれば友達なのでしょうか?
この質問に思わずドキリとした方は要注意です――

心のそうした揺らぎを狙って潜みよるものの正体それが邪鬼です。

主人公杏ちゃんは邪鬼が見えるけれど普通の女の子。
双子の妹の花梨ちゃんが退魔師の修行を終えて里帰りした時より事件は始まります。
見えるというのは厄介ですね。
知らなくても良いものの存在を知ってしまう。
関わりを持ってしまう。
人の心の闇に対峙した時、杏ちゃんは何を思うのでしょうか。
本当の友達とは何か、そうしたメッセージがまっすぐ心に届きます。
学生さんやお友達関係に悩む方にも読んで欲しいです。
おススメいたします(*´ω`*)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

奥森 蛍さんの他のおすすめレビュー 515