第11話 結城君と二人きり

「花梨、どうかした?」

「──っ。ごめん、ちょっと考え事してた」

「考え事?」

「えっと、まずあの邪鬼を倒せるかだけど、普通にやれば大丈夫だと思う。さっきは油断してたけど、まともに戦ったら、多分勝てない相手じゃない。ただね、もしかすると、あの邪鬼は最初から、私を狙ってあそこにいたのかもしれない」

「どういうこと?」

 勝てない相手じゃないって言ってくれたのは心強いけど、どうもそれだけじゃないらしい。

 結城君も、同じような疑問を持ったみたいだ。

「たしか、邪鬼が襲うのは、怒ったり悲しんだり、そういう負の心を持ってる奴なんだよな?」

「普通はね。だけどあの邪鬼は、私が退魔師だから襲ってきたんだと思う。あいつ、最初は何もしていなかったくせに、私が近づいていったとたん、攻撃してきたでしょ。しかも、直接襲うんじゃなくて、ゴールを壊してそれに巻き込むなんて、回りくどいやり方だった。それって、私が退魔師だって知ってたから、警戒してそんな方法をとったんじゃないのかな」

 確かに。邪鬼は、人を襲うこともあれば、物を壊すことだってできるけど、大抵の場合、そのやり方はもっと直接的で単純だ。

 だから花梨だって、今回のことには咄嗟に反応できなかった。

「それって、花梨が他の邪鬼を退治してまわってたから、なんかしようと思って仕掛けてきたってこと? 邪鬼って、そんなことまで考えるんだ」

 私のイメージだと、邪鬼ってのは、とにかく目についた、負の心を持った人間を狙うやつ。言ってみれば、行き当たりばったりの通り魔的なものだと思っていた。

 それはそれで嫌だけど、ちゃんと狙いを絞ってくるってのも、また別の怖さがある。

「そんなこと滅多にないんだけど、例外もあるの。今回は、大量の邪鬼が出てるって時点で普通じゃないんだし、おかしなことが重なったって不思議じゃないかも」

 邪鬼について語る花梨は、驚くほどに真剣だ。こういう姿を見ると今更ながら、本当に退魔師やってるんだと改めて思う。

 だけどそこから花梨は、唐突にこう言い放った。

「決めた。今から、さっきの邪鬼を探してくる!」

「えぇっ!? 今、授業中だよ」

 どこを探す気か知らないけど、先生に見つかったら、間違いなく怒られる。それに花梨だって、念のため保健室で見てもらうように言われていた。

 なのに、本人はケロリとしたものだ。

「だって、放っておいたら他の誰かを襲いだすかもしれないんだよ。それに、杏にこんなケガさせるなんて許せない」

「先生に見つかったらどうするの」

「うーん……じゃあ、こうしようか。私、体育館にタオル忘れてきたんだよね。取りに戻ろうとしたんだけど、道がわからなくて迷った。これで言い訳は完璧」

 そうなのかな? 細かく聞かれたら、すぐにボロが出るような気がするけど。

 だけど、やると決めた花梨はもう止まらない。

「というわけで大成。杏のこと、お願いできる?」

「ああ。それはいいけど、本当に大丈夫なのか」

「平気だって。それじゃ!」

 結局花梨は、それ以上私達が止める間も無く行っちゃった。どうか、危ない目にあいませんように。あと、先生に見つかりませんように。

「久しぶりに花梨に会ったけど、ああいう一度決めたらすぐに走り出すところ、相変わらずだな」

「うん。ちょっと心配だけどね」

 私と結城君。二人とも苦笑しながら、再び保健室に向かって歩きだす。

 だけど花梨がいなくなったことで、さっきまでとは決定的に違うところが出てきた。

 思えば花梨は、私にも結城君にもまんべんなく話しかけていて、そのおかげで会話が回っていた。だけどそれがなくなったことで、私達のやりとりも、一気に途切れる。お互い無言のまま、保健室に向かって歩いていく。

 何か、話した方がいいのかな?

 そう思ったけど、私が何か言うより先に、結城君の方が喋り出した。

「なあ。今さらだけど、迷惑じゃなかったか?」

「迷惑って、何が?」

「その……体育館では、足を痛めた吉野を見て、つい俺が一緒に行くなんて言ったけど、本当は嫌だってことないか」

「えぇっ!?」

 まさか、そんなこと言われるなんて思わなかった。

 そりゃ、肩を担いでもらってるこの体勢は、恥ずかしいし緊張もするけど、だからって嫌ってことは絶対にない。

「嫌じゃないから。むしろ、付き添ってくれてありがとうって感じだから。どうしてそんなこと思ったの?」

 誤解されたくなくて、つい声が大きくなる。だけど次の言葉で、そんな興奮した気持ちが一気に静まる。

「気のせいだったらごめん。けど、吉野って最近俺のこと避けてるよな。理由もだいたいわかってるし、隠さなくていいから」

「──っ!」

 まさか、ここでその話が出てくるなんて思わなかった。結城君、私が距離をとろうとしていたの、気づいてたんだ。

 もちろんそれは、言い訳なんてできないくらい、全部本当のこと。なのに言われた瞬間、体がブルリと震えた。

「花梨が帰ってきて、また吉野とも前みたいに戻れるかと思ったけど、そんなの虫がよすぎるよな」

「えっと、その……」

 突然のことに、なんて答えたらいいのかわからず、言葉が出てこない。

 誰だって、自分が人から避けられてるって知ったら、いい気持ちなんてしない。

 しかも理由までわかってるって、亜希が結城君を好きなこととか、そのせいで私が遠慮してることとか、全部知ってるってことだよね。

 いったい、どんな思いでいたんだろう。

 だけど、それから結城君が告げたのは、想像していたのとは、少し違うものだった。

「いいんだ。吉野が俺のこと怒るの、無理ないってわかってるから」

「えっ?」

 怒るって、私が? なんで?

 むしろ、私が怒られてもおかしくないと思うんだけど。

「ちょっと待って。どうして私が結城君を怒らなきゃならないの!?」

「どうしてって、俺が橘をふったから。だからそのことで怒ってるんだろ」

「えっ……?」

 橘って、亜希のことだよね。ふったって、どういうこと?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る