俺が契約した女神様はアザトースと名乗りました

作者 百花繚乱-万華大乱

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全61話

更新

  1. 序章―――混沌との出会いは物語の始まりだと誰が知ったか
  2. 1話―――無明の神様アザトース
  3. 2話―――ピンチという奴か
  4. 3話―――平伏して、飯を寄越せ
  5. 4話―――冒涜的な特訓、開始前夜
  6. 5話―――縞瑪瑙の城、カダス
  7. 6話―――よくも私のベッドを
  8. 7話―――決別、そして勘当
  9. 8話―――ラヴクラフトの始まり
  10. 1章―――春、心の風と死の風、君の家族に吹きすさぶ
  11. 葭始生―――葦、ようやく芽吹く
  12. 9話―――カデユコウジとの出会い
  13. 10話―――お地蔵女神様
  14. 11話―――ボディーガード始めます
  15. 12話―――不幸は比較できない
  16. 13話―――和の風吹く倭学園
  17. 14話―――新たな友、新たな神
  18. 15話―――呪いの在処を探れ
  19. 16話―――鬼道部へようこそ
  20. 17話―――和邇の棟梁と兎の大将
  21. 18話―――儀式の供物を求める短き旅路
  22. 霜止出苗―――終霜告げていざ田植え
  23. 19話―――供物と恋心探し
  24. 20話———天白堂の憂き目
  25. 21話―――混沌の理想
  26. 22話―――隠れし神に畏み申し奉る
  27. 23話―――呪いの居所は
  28. 24話―――未だ付きまとう因縁
  29. 25話―――あゝ、旅館での朝
  30. 牡丹華―――咲くは君の忘れ草
  31. 26話―――神々の議会
  32. 27話―――戦いの足音
  33. 28話―――実力を示すアゾートの片鱗
  34. 29話―――武神の剣フツノミタマ
  35. 30話―――四季折々の花が咲く
  36. 31話―――女神の裏の顔
  37. 32話―――神災避けのシェルター
  38. 33話―――いざ花の咲く方角へ
  39. 34話―――それは今はなきありふれた、狂った日常
  40. 35話―――桜の軍勢、雷の軍勢
  41. 36話―――才能を導かなかった罰
  42. 37話―――契約破棄の呪い
  43. 38話―――鬱陶しいぞ、オバサン
  44. 39話―――契約者は契約神に似る
  45. 40話―――咲いた、炎の勝鬨が
  46. 41話―――青天白日でも、今は雨で
  47. 42話―――小さな太陽が求めたもの
  48. 43話―――桜散っても花は咲く
  49. 蛙始鳴―――立夏、蛙の生き声から
  50. 44話―――灰色に照らされしイクゥア
  51. 45話―――始終の監視者ウボ=サスラ
  52. 46話———強襲する呪い
  53. 47話―――死にいざ波立つ牡丹花
  54. 48話―――その血は否定しなかった
  55. 49話―――**の心**知らず…?
  56. 50話―――バカな母親を吹っ飛ばせ
  57. 51話―――最も過激な親子喧嘩
  58. 52話―――すべて見極める
  59. 53話―――長い悪夢の終わり
  60. 54話―――女やもめに花が咲く ~ Mother's Dream
  61. 蚯蚓出―――動乱の目見えぬ日常(番外編)
  62. 1幕―――この関係で、これからも
  63. 2章―――吹く風の姿が例え変われども、世騒がす風こそ真の風也
  64. 竹笋生―――竹の高さに追い縋る日々
  65. 55話―――五里霧中鉄雨注意報
  66. 56話―――そうだ、魔術サバゲーしよう
  67. 57話―――童心に帰ってみようかと
  68. 58話―――黄泉式迎撃態勢
  69. 59話―――忍び寄る害意
  70. 60話―――水、死、土、殺…鳶来たる