第4話 俺、魔王(たる)だよね? 災難かぶりまくり……おいっ。水を掛かることないだろう

 

今日も平和だ。

平和すぎて苛々する。


 魔王ハインは、陰鬱を払うため、ベッドでセイレーンと戯れる。

 セイレーンは、ハインの首筋から鎖骨、肩へとリップ音を立て、唇で攻めていく。大きな胸を舌がゆっくり、時に激しく這っていく。

 セイレーンの舌に耽るハインは何も考えず、ベッドに身を任せ、されるがままであった。


「魔王様、どうされましたの?」

「どうもしない。代われ。俺が責める」

「まっ・・・・・・フフ・・・・」


 女の色香に酔っていると、バルコニーで悪魔騎士がジャキジャギと大きな音を立て、木の枝の伐採を仕始めた。


「うるさい。静かにできんか」


 極大炎舞ファイヤーボールを放ち悪魔騎士を突き落とした。


「あら、フフフ。あっ魔王様、お天気が良いのでピクニックにでもいかが」


(ピクニック? 遠足? 弁当)


 ハインの思考にいきなり連想される文字の羅列……。

 いきなり浮かぶ文字の所為で、突然萎え、ムクリと身体を起こすハインがいる。

 先日のレインの悪さを思い出し頭をかきむしり始めた。自分が頼んだとは言え、ハインにはあるまじき失態であった。


「出てけ! 冷めた」

「えっ? あの」


 組み伏せていたセイレーンをバルコニーの方へ投げた。

 見事に飛んで行くセイレーンを眺め苛立ち、落ち込んだ。


「くぅ、俺としたことが。何たる失態!」


 ルーを、上に乗せていたのは良いが俺の無様なことよ。

 その時のことが蘇る。


「魔王様、ひどいです。伐採を頼んだのは魔王様ですよ」


 下から樹の枝をつたい悪魔騎士が登って来た。身体には、焦げあとが着いている。


「だからといって、人の秘め事中にやることなのか。お前達は遠慮を知らんのか」

「えー。でも、お相手はルー様でもないし。良いではないですか。前の魔王様は、ルー様以外は気にされませんでしたよ」


 少し考え、俺は指を鳴らした。


「……フフ。ハハハハハハ、そうだ、人界へ行こう。うん、人界だ」

「魔王様。逃げの思考になられましたね」

「……うるさい! では悪魔騎士。後は誤魔化してくれ。頼むぞ」

「ええ~、魔王様~!!」


 急ぎ、服を調達し、人界へとイソイソと降り立った。


 久々の人界は緑が溢れ、風は澄み渡り美しくかった。

苛立つほどに─────。


「ここもか、どこもかしこも」


 ひと廻り眺め、色々と模索すると苛立ちを押さえた。


「……まぁ、いい。今は、このまま、美しい景色のままで。だが後には」


(辺り一面、炎を落とし、この緑、溢れる大地を綺麗に焼いてくれるよう。

アァアハハハハハハハハハハハハハ)


《バシャッ》


 ハインは、背後から水をぶっ掛けられた。被せられた水は、見事に全身。頭から爪先までを濡らした。

 振り向くと人間の娘が、ハインにカラの桶を向け佇んでいる。


「・・・・・・」

「ごめんなさい。燃えてましたよ? 魔法使い様……?」


 考えに夢中で、炎を出していることに気が付かなかったらしい。


 また、失態を犯した。

 しかも人間の娘の前でだ。

 俺は平和ボケでも始まったのか、それとも馬鹿になってしまったのか。


 少し困り顔の娘に、ハインは笑顔を向け、挨拶をすることにした。


「こんにちは。娘よ」

「はぁ、こんにちは」


 緑が豊かに広がる平野に二人。

 娘とハインの間には風が吹き抜け、会話もなく静かに佇んでいた。

 



 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る