混乱

俺は少しずつ冷静さを取り戻してきた。


体を起こし、ぐるりとあたりを見渡した。


白い砂浜に青い空に美しい海。


沖縄か?


てか暑っ


さっきまで冬じゃなかった?


俺は着ていたパーカーをゆっくり脱ぎながらも、頭の中では忙しく状況整理に奔走していた。


目の前にいる天使…もとい美少年の顔つきはヨーロッパ風だ。


え、じゃあ外国?でもこの子に言葉通じてるしな。


「ちょっと整理させてもらっていいかな。」


「どうぞ。」


俺の問いに、彼は時間はいくらでもありますからと言わんばかりに、そう答えた。


「えーと、俺は確か昨晩新宿で酔い潰れて、そこから記憶がなくて…」


「シンジュクって何?」


美少年が覗き込むように聞いてきた。近くで見ると本当に可愛い顔をしていて、俺はドギマギしてしまう。


名作『風と木の詩』の美少年ジルベールのようだ。


「知らない?新宿って。」


「うん、知らない。」


俺は少し悩んでから、こう聞いた。


「ここって…日本…?」


「ニホンって何?」


俺はまだ夢の中にいるのかもしれない。


随分鮮明な夢だな。


とりあえずスマホを探そうと思ったが、見当たらない。


しかも、飲みすぎのせいでちょっと頭が痛い。


夢の中でも痛みって感じるもんなんだな…。


「また1人でブツブツ言ってる」


美少年は怪訝そうに俺を覗き込む。


「あ、ごめん。ちょっと色々と絶賛混乱中でさ…。」


そんな俺の様子を見た美少年がふとこんな事を言った。


「お兄さん、異世界から来たんじゃない?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る