レモネードのように。

はる

天使ですか?

学生時代、男子がバレンタインデーに「女子からチョコレートをもらえるのだろうか?」とソワソワしている一方で、俺は男子からチョコレートをもらいたい、もしくはあげたいと思っていた。


そんな事を何故だかふと思い出した。


振り返れば、味気ない人生だった。


本当の事を隠して、小さな嘘を積み重ねて、他人を傷つけないように自分の気持ちを胸にしまって、平気なフリをして、自分を騙して…そうやって生きてきた。


歯がゆさと苦しさが同居したような想いを常に抱えていた。


そして生涯の幕を閉じた。


ここは天国だろう?


だって、こんなに青々とした空に、エメラルドグリーンの海。


仰向けに横たわった俺の体にやわらかい風が吹き抜ける。


27歳か…もう少しくらい長生きしたかった気もするなぁ…。


それにしても、天国ってハワイみたいな場所なんだな。


「何、1人でブツブツ言ってるの?」


「へ?」


真上から突然声をかけられ、俺は驚いて体を起こした。


そこにはブロンドショートヘアの小柄で美しい少年がいた。


「天使か…?」


俺は思わず問いかけた。


「ぷっ、ははは…!」


天使は俺の一言を聞いて可愛らしく笑った。


「僕は天使じゃないよ。それにここは天国じゃない。だって僕は人間だし、ちゃんと生きてるからね。」


天使は笑いを堪えながらそう言った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る