妖精たちが笑う島

作者 桜庭ミオ

素敵な妖精達との出会いは、少女に変化をもたらす。

  • ★★★ Excellent!!!

好きなこと、やりたいことをのびのびとやり、堂々と口にする。それは、誰にでもある当然の権利だと思います。
しかし残念なことに、実際はそれができないこともしばしばあるのです。

本作の主人公ツムギは、スカートをはけば女装と言われ、男の子みたいだとからかわれ、おかげてかわいいものが好きだと言えなくなり、絵も描けなくなってしまいます。

そんなツムギが家族で引っ越してきたニャハハハ島。そこには、妖精がたくさんいるという噂がありました。
たくさんもなにも、そもそも妖精なんて実在するのかと思うかもしれませんが、この島では、そんな不思議なものが、とても身近にありました。

今まで見たこともない不思議な存在に、それらとの出会い。それらは、ツムギの心に大きな変化をもたらします。
好きなこと、やりたいことのできる楽しさと喜び。本作を見た人は、それがいかに大事なものか再確認できると思います。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

無月兄さんの他のおすすめレビュー 1,577