ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 ~沙優視点編~

作者 水鏡 智貴

171

60人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とても面白かったです
二次創作とのことですので、たぶんしめさばさんが書かれないであろう留年時の話や親との確執など書いていただけたら嬉しいです
もしも、アンソロジーで今後の二人が描かれないようならこちらで書いて頂きたいと思います
すごく楽しみにしています

★★★ Excellent!!!

 一位先着企画からです。

 前提として、原作についてはタイトル以外に知らない事をご理解下さい。

・自己紹介でも述べられている通り、原作未読でも読める内容だったと思います。
・一話毎が短く、誤字脱字も少なく、文法の基本が守られており、改行もされていてとても読み易かった。これができていない作品はストレスを感じて読む気が失せるので、途中でリタイヤしていた事でしょう。
・心理描写もしっかりしていて、リアリティを感じられました。

 私は「恋愛」「日常」ジャンルの作品はあまり読まない方なのですが、この作品はスラスラと読む事ができました。

 個人的には三島柚葉の「できないフリをする」が刺さりました。現実でも「ちょっとダメな女」が男性からモテるのは間違い無いでしょう。男性は、自分を上回る女性には引け目を感じてしまうものです。

★★★ Excellent!!!

原著は吉田視点を中心に描かれている為、沙優の内面描写が不十分で理解に苦しむ部分も有りました。

沙優が抱えている心の傷は、お互いの理解が深まる以前では、吉田の想像力では遙かに及ばない程に深く、吉田視点で描かれるストーリーから察する事は、物語の本質を態と一部見え難く誤解させる様に感じていました。
最初から沙優視点とする事で、吉田が理解しきれていなかった沙優の内面が表わされ、沙優の心の変化や本質が理解されれば…

吉田から見た沙優は原著で表わされていましたが、沙優視点での吉田さん・後藤さん・ユズハさん・あさみ、そして結子と母親・一颯らとの関係性が吉田フィルターを通さずに読める事を期待しています。

2021/06/29 初稿
2021/09/04 改訂(第1段落一部削除、第2段落追加、等)