君のために用意する家

作者 武州青嵐(さくら青嵐)

再婚するのは生活のため。訳あり女性と軍人さんのラブストーリー。

  • ★★★ Excellent!!!

今より未来の話。戦死により夫を失った妻を支援し、再婚を促す会、『金木犀の会』というものが存在していました。
本作の主人公、多紀も、そこの会員の一人。しかし彼女の場合、夫の死による悲しみを振り切り、新しい幸せを掴むために……みたいな目的とは、ずいぶんと異なる事情がありました。

夫の葬儀の最中現れたのは、なんと浮気相手と隠し子。突然のことに事態を受け止める間も無く夫の遺産を要求され、遺族年金も住む場所も失うことに。

亡くなった人のことを悪く言いたくはありません。ありませんが、それも時と場合によります。夫、なにしてくれるんだーっ!
しかしどんなに叫んでも、既に死に逃げている夫に届くはずがありません。
このままだと、とても一人で生きていけそうもなく、再婚を望むことにした多紀。あまり歓迎されるような理由ではありませんが、それほどまでに追い詰められているのです。

何の因果か、そんな訳ありの彼女とお見合いすることになったのが、陸軍所属の渋谷さん。
なにしろ事情が事情ですので、即お断りされても文句は言えないかもしれません。しかし、新味になって話を聞き、どうすればいいか考えてくれる彼の姿に思わずホロリ。
さらに彼自身の抱えていたものを知っていくうちに、ますます惹かれていきます。

住む場所とか生活とか関係なく、もうこの人と一緒になりましょう。おそらく、本作を読んだ人のほとんどがそう思ったのではないでしょうか?
読者の思いは届き、二人は無事ゴールインできるのか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

自分の意志を殺してずっと従順な妻として仕えてきた軍人の夫を失ったヒロイン・多紀。
だが、葬儀で明らかになったのは、死んだ夫が愛人を作っており、子どもまでもうけていたという事実だった。
突然、現れた愛… 続きを読む

無月兄さんの他のおすすめレビュー 1,603