清楚系美少女と評判の彼女、本性はただの腹黒女だった。 「ふふ、次の標的はアイツね」教室の隅で読書に励む超絶陰キャぼっち君を籠絡しようと企むも、徐々に自分の方が彼に惹かれ、メロメロになるようです。

作者 平日黒髪お姉さん

96

37人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?