清楚系美少女と評判の彼女、本性はただの腹黒女だった。 「ふふ、次の標的はアイツね」教室の隅で読書に励む超絶陰キャぼっち君を籠絡しようと企むも、徐々に自分の方が彼に惹かれ、メロメロになるようです。

作者 平日黒髪お姉さん

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。