妻の小説の中身を訪ねて三千里は歩く予定

作者 崇期

シンプルで変な短編

  • ★★★ Excellent!!!

タイトルが変というか妙ですが、タイトルに惹かれて読むと、さらに変てこな作中作のタイトルが出てきます。
シンプルで変てこな短編が好きな全ての人へ……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

さんの他のおすすめレビュー 97