妻の小説の中身を訪ねて三千里は歩く予定

作者 崇期