第23話


「すごい…これが異世界人の力…」


大岩の下敷きになったホワイト・グリズリーは、完全に絶命した。


シエルが目を丸くして驚いている。


〜ホワイト・グリズリー一体の討伐を確認しました〜


〜100GPを獲得しました〜


「お、一気にガチャ一回分か!!」


頭の中にお馴染みの機械音声が流れる。


ホワイト・グリズリー討伐で、一気にガチャ一回分のGPが手に入った。


やはり獲得GPはモンスターの強さに比例して増えるようだ。


「シエルさん。ガチャ一回分のGPが手に入ったので、早速引いてみようと思います」


「ほう!新しいスキルの獲得か!」


「はい」


俺は頷いて、それからガチャ画面に移行。


ワクワクしながらスキルガチャを回す。


さて、今度はどんなスキルが出るのか…


パンパカパーン!!


〜スキル:風属性中級魔法を手に入れました〜


「おお!また魔法か!」


収納に鑑定とここ二回、立て続けにサポートスキルが続いていたが、ここへきて直接攻撃に役立ちそうなスキルが手に入った。


俺は早速、ステータス画面で詳しいスキルの情報を確認する。


スキル:<風属性中級魔法>


スキルランク:B


効果:風属性中級魔法である、ウィンド・カッター、トルネード、ウィンド・シュートの三つの魔法が使える。


「ランクはB…中級魔法ってことは、初級よりは強いんだろうな…?」


スキルガチャで最初に手に入れたスキルは、火属性初級魔法だった。


今回は、風属性の中級魔法を手に入れた。


中級というからには、おそらく威力などが初級魔法に比べて上がっていることだろう。


初級魔法はホワイト・グリズリーには通用しなかった。


だが、この中級魔法ならあのレベルのモンスターにも有効な攻撃手段になり得るかもしれない。


「試してみるか…」


俺は早速手に入った魔法を試してみることにした。


「有馬殿。どんなスキルが手に入ったのじゃ?」


俺が魔法を試そうとしていると、シエルが聞いてきた。


「風属性中級魔法をスキルで手に入れました。今からちょっと試してみます」


「ちゅ、中級魔法じゃと!?」


シエルが驚いている。


「ん?どうかしました?」


「ああ、いや。なんでもないのじゃ。試してみてくれ」


「は、はい…」


シエルの不可解な反応に首を傾げながらも、俺は腕をあげ、魔法名を唱えたのだった。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る