第18話


パンパカパーン!!


〜スキル:鑑定を獲得しました〜


俺たちは三回目となるガチャを回す。


ファンファーレの後に、新たなスキル獲得を告げる機械音声が頭の中で流れた。


鑑定。


それが今回手に入ったスキルの名称のようだ。


俺は早速自分のスタータス画面から確認をする。


スキル:<鑑定>


スキルランク:A


効果:任意の対象のステータスや情報を確認することが出来る。


「おお…今回もサポート系か」


効果を読む限り直接戦闘に役に立つスキルではなさそうだ。


しかし、対象のステータスを見れるスキルというのは相当強力だ。


戦う前から相手の手の内がわかるわけだからな。


「確かあのイカれ王女が何か言っていたような…」


エレナがステータスの説明の時に、スキルがない限りは他人に自分のステータスが見られることはないと口にしていたような気がする。


もしかすると、そのスキルというのはこの鑑定のことを指していたのかもしれない。


「ねぇ、ねぇ、今度はどんなスキル?」


上原がワクワクしたような顔で聞いてくる。


俺は彼女にスキルの内容を伝えた。


「鑑定…?ステータスが見れるの?」


「そうみたいだ…ええと、上原で試してみてもいいか?」


「うん!もちろん」


「よし」


許可が出たので、俺は上原に対してスキルを使う。


「鑑定!」



名前:上原美久

種族:人間

出身:日本


スキル:マップ


スキルランク:G


好感度:70%



あれ。


なんか見えてはいけないものが見えているような…



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る