もう戻れない世界まで ~1.海に寄り添う集落~

作者 美濃由乃

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全38話

更新

  1. 第1話 とある掲示板への書き込み
  2. 第2話 最後の日常だった
  3. 第3話 人生の終着に着いた①
  4. 第4話 人生の終着に着いた②
  5. 第5話 クラスメイトだった
  6. 第6話 教えてもらっていた
  7. 第7話 警戒に値した
  8. 第8話 温もりが欲しかった
  9. 第9話 長い一日が始まった①
  10. 第10話 長い一日が始まった②
  11. 第11話 運命の出会いだった①
  12. 第12話 運命の出会いだった②
  13. 第13話 あの子のためなら訳もなかった①
  14. 第14話 あの子のためなら訳もなかった②
  15. 第15話 異様な場所だった①
  16. 第16話 異様な場所だった②
  17. 第17話 ともに死んでと言いたかった①
  18. 第18話 ともに死んでと言いたかった②
  19. 第19話 ともに死んでと言いたかった③
  20. 第20話 やっぱり何かおかしかった①
  21. 第21話 やっぱり何かおかしかった②
  22. 第22話 風向きが変わりました①
  23. 第23話 風向きが変わりました②
  24. 第24話 誰かの声が聞こえた
  25. 第25話 本当は、ただ気に入られたかっただけ①
  26. 第26話 本当は、ただ気に入られたかっただけ②
  27. 第27話 やっと見つけることが出来ました①
  28. 第28話 やっと見つけることが出来ました②
  29. 第29話 どう思われても、それでいいと思った
  30. 第30話 大事なものを優先した①
  31. 第31話 大事なものを優先した②
  32. 第32話 本音が聞けてよかった①
  33. 第33話 本音が聞けてよかった②
  34. 第34話 自分の無力さを感じました
  35. 第35話 ただ必死だった
  36. 第36話 朝日①
  37. 第37話 朝日②
  38. 第38話 エピローグ