目の前で最高神が潰れてくれたんで、俺が最高神の座にすわ……らない⁉︎〜とりあえず下界に行って好き放題したいと思います〜

作者 真辺ケイ

0

0人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?