精霊国異記 〜黒き月の剣士と死にたがりやの魔法使い〜

作者 相馬 みずき

Ⅲ-XIV」への応援コメント

このエピソードを読む

  • カイ強いですね。これはコボルト恩返しでしょうか。
    大したことじゃないですが、改行忘れなのか長い段落が途中でチラホラとありました。

    作者からの返信

    アクリル板W様
    ありがとうございます!
    カイは兵士ではありませんが仕事柄金品を携えて村と王都を行き来しているので、自分の身を守れる程度には強いです。ショートソードも護身用です。

    段落のご指摘もありがとうございます。ついつい詰めてしまいがちで、webで読みやすいように推敲時には削ったり改行したりしているのですが、今回は長めの段落が多くなってしまいました。長いかなと思った箇所に改行を入れてみました!

    2021年9月12日 11:01

  • 久しぶりにカイが登場! と思ったらこんな事に……! 温厚な感じだったのに、豹変してますね。モノを心配するゆえでしょうが。
    なんとか誤解が解けて、ルドルフ達と協力し会えれば、と思います!

    作者からの返信

    rainy様
    ありがとうございます!
    カイは生命の危険を感じるような目にあったからこそ隠れていたわけでして…そんなだいぶアドレナリンとか出ている状態で、それでもモノの匂いが近付いてきたから心配して見てみたら血なまぐさい男が走ってきたんで飛び出したんですね。
    この世界、治安があまり良くないのでこういう行為の結果が体を投げられるだけで済むならマシかと…最悪斬り捨てられても文句は言えない行為です…。

    カイは頭に血が上っているだけなのでモノの無事さえ確認できれば落ち着くと思います(。•̀ᴗ-)✧

    2021年9月11日 20:39