精霊国異記 〜黒き月の剣士と死にたがりやの魔法使い〜

作者 相馬 みずき

Ⅲ-XII」への応援コメント

このエピソードを読む

  • エムロードに、そんな過去が、、、

    作者からの返信

    星埜様
    コメントありがとうございます!
    エムロードに同情いただきありがとうございます(笑)
    でもエムロードもたいがいロクでもない存在なので、遅かれ早かれ誰かが封印なり消滅なり図ったと思います。

    2021年11月8日 23:07

  • モノ&エムロード組は実はかなりの強者なんですね。
    文章が洗練されていて躍動感がありました。

    作者からの返信

    アクリル板W様
    ありがとうございます!
    やっと最初に書きたかったところまで書けました✧◝(⁰▿⁰)◜✧モノの持つ力、強いと言えば強いんですが、天災みたいなものなので持っていても悪い事しか起きないみたいなところがあります。

    文章をほめていただきありがとうございます(*´ω`*)少しは成長していると思っても良いのでしょうか(ノ◕ヮ◕)ノ*.✧

    2021年9月6日 18:44

  • 映像で見たいような迫力あるシーンですね! ハラハラします。不気味な少年との戦いはいかに……!?
    エムロードも何やらいわくありそうですね。エムロードと少年の過去に何があったのか気になります。

    作者からの返信

    rainy様
    コメントありがとうございます!

    サフィールとエムロードは同じような存在でずっと争っているのですが、過去にエムロードが負けるかハメられるかして封印されたんですね。
    彼らについては私がぴったりの日本語を見つけられなかったのでサフィールの台詞「精霊の影、そういったもの」という表現になったのですが、個人的に一番しっくりくるのは evil spirits だと思っています。

    今回のサフィールのように、人間の戦争に便乗して争うことも昔から度々しているようです。

    エムロードは石になっちゃってますし、サフィールは顔を隠していますが、もし二人が人間の容姿をしていればきっと同じ顔をしているのでしょう(^_^;)

    2021年9月5日 20:31