精霊国異記 〜黒き月の剣士と死にたがりやの魔法使い〜

作者 相馬 みずき

記憶」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 「星3桁未満のファンタジー作品感想言い合おうの会」から来ました。

    第2章まで読み、取り急ぎ応援コメントを送ります。
    記憶の書き出しが、詩的な文章で、引き込まれました。

    多くのキャラに背景があるのを感じています。

    作者からの返信

    南山之寿様
    コメントありがとうございます!
    登場人物の過去は互いに関係あったりなかったり色々ですが、それぞれ人生色々であります(笑)
    どこまでを定められた運命として捉えるのかも人それぞれです。

    もし良ければまた遊びに来てください!
    私もまたそちらに読みに行きますね!

    2021年10月18日 22:11

  • 私は経験していないのですが、東日本大震災の時に、被災者の一人がこんな風に海が燃えていたと言っていたのを思い出しました。
    ここまで読ませていただいて、早い段階から見せ場が多く、キャラクターも魅力的で、惹き付けられる内容だと思いました。

    作者からの返信

    rainy様
    コメントありがとうございます!
    あっちゃこっちゃで武力衝突しており世界規模で治安が悪いため登場人物達は何かを失って不本意な人生を歩んでいる者が多いのです。それでも「人生持ってるカードで勝負するしかないのさ」と「選択肢なんてほぼないけど、それでも人間は流されるだけではない」ということが表現できればいーなー(願望)と(^^;)ううん、文章力が足りないです!

    お読みいただきありがとうございます!☆

    2021年8月4日 21:53