精霊国異記 〜黒き月の剣士と死にたがりやの魔法使い〜

作者 相馬 みずき

Ⅰ-Ⅴ.」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 初めまして。
    王道ファンタジーを求めて彷徨っていたところ、こちらの作品を拝読させていただきました。遂に少女の名前も判明し、これから物語が動くところ。これからゆっくり少しずつ読ませていただきたいと思います。

    作者からの返信

    三澤愛世様
    はじめまして。自主企画にご参加いただきありがとうございます!!

    三澤様の『忘却のジュエル』も王道ファンタジーですね。こちらからもまた読みに行かせていただきます(*´ω`*)
    もしよろしければ、ぜひまた遊びに来てくださいませ!

    2021年10月26日 20:09

  • 今日は。

    今ふと気付きました。
    ラノベの文字列じゃ無いのに、全く気にせず読み進めていました。

    ごちゃっと詰んだ文章は、読みづらく敬遠してる私には、珍しい熟読でした。

    文字列構成変更すれば、もっと読者増えると思います。

    作者からの返信

    犬時様
    コメントありがとうございます!しかもお星様とレビューまで!!

    ご指摘のとおり、最初の方はかなり詰まっていますよね。
    他の方の小説を拝読して、行間の開け方などを勉強中です。
    進めば読みやすくなるかも……?

    これからも小説の勉強、がんばります!

    2021年10月20日 17:25

  • モノか。
    ようやく名前が分かった。可愛い名前ですね。さて、これからどうなるのか。

    追伸。
    そういう事でしたか。モノの過去というワードが分からず、モノってなにかなと思っていました。納得です。わざわざご丁寧にありがとうございます。

    作者からの返信

    星埜様
    コメントありがとうございます!
    モノの名前も一応意味がありますが、かわいいと言っていただけて嬉しいです(人*´∀`)。*゚+

    それはそうと前回いただいたコメントに意味不明の返しをして申し訳ありません…。コメントいただいた話数を勘違いしておりました。一応確認はしているのですがおっちょこちょいで(ᗒᗩᗕ)大変失礼いたしました。

    2021年7月26日 13:39