ただひたすらに

作者 醍醐 潤