ギャルはオタクと踊りたい

作者 白井直生

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第一章2 オタク・ダンサー・甘音舞へのコメント

    ギャル…… ではないな

    話の素養としては開拓されてない新しいジャンル。面白くはなり得るが、もっとギャルらしさを追求してもいいと思う。
    そこから砕けて混ざり合っての型が出来ると評価は★3

    ここからの作り直しが出来たら凄い作品になると踏む。ファイト!!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    そうなんですよね、ギャル要素はかなり薄くなってしまってます……。
    ちょっと事情があって作り直しは難しいのですが、それ以外の部分で頑張っているのでそこを見ていただければ……!
    この作品に限らず、いろいろと挑戦していきたいと思っております。

    改めまして、貴重なご感想と応援ありがとうございました!

    2021年6月5日 15:59

  • すべてのエピソード 1
  • 第一章1 早朝、青空、桜が舞って
  • 第一章2 オタク・ダンサー・甘音舞 1
  • 第一章3 頭空っぽ透け小町
  • 第二章1 思春期男子特攻三連撃
  • 第二章2 こうどなしんりせん
  • 第二章3 赤面はズルい
  • 第二章4 挨拶は大事
  • 第二章5 日常
  • 第二章6 勝ちなのか負けなのか
  • 第三章1 作戦はスマート
  • 第三章2 染みるカフェオレ
  • 第三章3 不本意な再会
  • 第三章4 クレープとオレンジ
  • 第三章5 関門を超えて
  • 第四章1 発表会
  • 第四章2 ノリと勢い
  • 第四章3 喝采、笑顔、そして
  • 第四章4 ダンスとの出会い
  • 第四章5 あの日の笑い声
  • 第五章1 思い
  • 第五章2 来客
  • 第五章3 さくせんノート
  • 第五章4 最後のお願い
  • 第五章5 Resolution
  • 第五章6 決着
  • エピローグ 物語は、まだ始まったばかりだ。
  • あとがきとお願い