蓮

作者 三枝 優

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 描写へのコメント

    とても素敵な作品だと思います。
    絵画には全然詳しくないのですが、モネの絵を見てみたくなりました。

    作者からの返信

    柏木 慎さま
    読んでいただき、ありがとうございます。
    ☆もいただき感謝しています。

    モネの絵は、結構いろいろな美術館にあります。
    観てみてください。
    まぁ、観るよりも光を感じるといった鑑賞方法をお勧めします。

    2021年6月9日 02:23

  • 描写へのコメント

    また遊びにきます

    作者からの返信

    かず斉入道さま
    こちらも読んでいただき、誠にありがとうございます。
    これからも、よろしくお願いいたします。

    2021年6月7日 02:12

  • 描写へのコメント

    うわー、すてきな話だと思ったら、モネなんですね。晩年の作品は、視力を失わなけれな書けなかった絵なのですね。事実は小説より奇なりです。

    作者からの返信

    かしこまりこ様
    晩年の作品は視力に影響されていることが良くわかります。
    ちなみに手術して、視力が少し戻ったのも絵によく表れてきます。
    見たままを見たままにかけるってある意味凄いですけどね

    2021年6月7日 02:11

  • 備考へのコメント

    今の状況が、もしかしたら、戦争の世にも近いと思います。モネの睡蓮、素敵ですよね。オルセー美術館で、全周睡蓮の間があり、私も心打たれました。

    作者からの返信

    いすみ 静江さま
    そういえば、オルセー美術館からモネの絵が来る予定でした。
    10月くらいでしたでしょうか。

    よかったらぜひ

    素敵なレビューありがとうございます。
    とても感激しています。

    2021年6月5日 01:55 編集済

  • 描写へのコメント

    じんわりと来る画家と息子の気持ちの交わり。そして、後段、まさかの日本とは、戦争というもの、絵画は海を越えても尚素晴らしいことを感じました。

    作者からの返信

    いすみ 静江さま
    この当時はちょうど第1次世界大戦の最中でした。

    芸術は、後世の人の心にも感銘を与え続ける。
    だからこそ、素晴らしいと思います。

    2021年6月5日 01:54

  • 描写へのコメント

    三枝 優様

     素敵ですね。目が悪くなったからこそ見える風景と言う視点にはっとさせられました。そしてその絵に励まされる少年。伝わって良かったと思いました。

    作者からの返信

    ☆涼月☆さま
    こちらも読んでいただき、☆もいただいてありがとうございます。
    感謝しています。

    2021年6月5日 01:53

  • 描写へのコメント

    人とは違うふうに見える目で見た世界は遠い海を超えて、少年の心を震わせる。感動的なお話でした。

    作者からの返信

    万之葉 文郁さま
    読んでいただき、☆もいただいて感謝しています。

    モネの絵ですが・・時系列でみるとだんだん視力が落ちて行っているのがわかるんですよね・・

    2021年6月5日 01:52

  • 描写へのコメント

    モネ……ですかね?

    作者からの返信

    K-enterpriseさま
    はい、クロード・モネの話になります。
    好きな画家なんですよ。

    2021年6月5日 01:46