僕と俺が演ずる喜劇

作者 いそね

12

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この作品の魅力を一言で表すとしたら、【強烈な面白さ】。

場面のひとつひとつが魅力的で、良質なドラマを見ているようです。
「面白い! 続きが気になる!」「でも一気に読んだら勿体ない!」と何度悶えたことか。
ジャンルとしてはBLですが、それ以上の魅力がたっぷり詰まっている名作です。

   ***

内容は、タグにもあるように『トップモデル×地味役者』です。

主人公の【大斗】は、役者ひとすじで生きてきた青年。
そんな彼には大きな悩みが。同じ事務所に所属する【道也】の世話係を押し付けられるのです。

道也はイケメンで華がある存在。
世間からの人気も高いですが、モデルと役者を兼業しており、役者ひとすじの大斗からみれば面白くない存在。
しかも、道也はかなり生意気な性格なのです。

とある舞台の練習中、コミカルな役のはずの道也は、相手役の大斗に色っぽく迫り困惑させます。
しかも、演出家がそれを気に入ってしまって大変なことに。
道也のわがままが周囲を振り回し、ついには二種類のラストシーンが用意されることに。

大斗は、どちらの結末にするか選ぶようにと脚本家から言われます。
重大な役目を任せられ、悩む大斗。
しかし、物語は思わぬ展開へ。

   ***

この作品は、主役も脇役も個性豊かな登場人物ばかり。

やることがとにかく派手で、人を引き付ける魅力がある道也。
美しく天真爛漫に見えるけれど、実はしたたかな芽衣子。
スペインバルの世話焼きイケメンお兄さん。
なにか思うところがありそうなマネージャー。
そして主人公の大斗も。彼は自分のことを「地味」だと思っているようですが、実は……。

個性豊かな登場人物たちが繰り広げるドタバタ騒ぎから目が離せません。

個人的に興味を惹かれるキャラは芽衣子です。
BLの間に挟まる女はいらない? まあ、そういわずに。
彼女もまた、舞台を回す重要な役者… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

最高でした。
タグにBLとありますが、それ以上に人間同士の葛藤と駆け引きの描き方が見事で、素晴らしく人間くさいドラマでした。

舞台上での演技や関係性と、リアルでのそれらが絶妙にリンクし、だんだん拗れて仮面が剥がれていくような心の有り様に悶えました。
その後の二人をあれこれ想像したくなります。

面白かったです。最高でした本当にありがとうございました!