第2話

○イザベラの私室 夜明け


 令嬢に扮した大斗が寝台の上で目を覚ます。うんと背伸びをして、小さくあくび。

 窓ぎわから、くすりと笑う声がもれる。


「どなた」


 カーテンが揺れる。バラの花束をたずさえた道也が裏から現れる。


「まあ! 誰か、誰か」


 しかし道也は悠然とかまえて崩さない。形のいい唇に人差し指を添えて、


「しっ」


 と大斗をたしなめる。


「私に、会いたかったでしょう」



 ごくり、と大斗は息をのんだ。


(台詞が違う)


 いや、台詞自体は正しい。が、この場面の男爵はコミカルな遊び人であるはずだった。

 しかし道也の演技はどうだろう。

 魔性の魅力をもって生娘を揺さぶる色男になっている。



「美しいイザベラ。あなたに恋するあまり、私は正気を失ってしまった。どうか無礼を許してほしい」


 道也は寝台のわきにひざまずき、大斗の御足を戴いた。長いスカートの裾をそろそろとたくし上げてはふくらはぎを撫で、つま先にキスを落とした。


「あっ」


 大斗は娘のように震えさせられた。


(こいつ、わざとやってる)


 大斗を挑発している。

 稽古場にいる全員がそれと気づいた時、本番さながらの緊張感に包まれた。


 

 大斗は寝台から降り、ガウンを羽織る仕草をした。苛立ちながら髪を結っていた深紅のリボンをほどき、


「躾のなっていない殿方は、暴れ牛よりも手に負えない」


 と、リボンを摘まんだ指の先で、戸をさした。


「出ていって」

「イザベラ」


 令嬢にすがって醜態をさらすはずの道也が、一歩、また一歩と詰め寄る。

 大斗は硬直した。呼吸が浅くなり、噴き出した汗で全身が冷えてゆくのを感じた。


「可愛いイザベラ」


 腰に、道也の手が触れた。

 大斗はひるがえって逃れようとしたが、男の手に腕をつかまれ、自由を失った。

 リボンを、道也が大斗の小指に巻いた。

 それから自分の小指にも絡めた。


「あなたは私から逃れられませんよ」

「恥を知って」


 しかし道也の唇が、手の甲をついばんだ。それから腕を、肘を、肩を、熱い吐息が無遠慮にむさぼっていく。

 ついに首元にまでたどり着くと、道也は大斗をかき抱き、


「ほら、あなたは私の中に収まっている」


 と囁いた。

 長身の彼の胸の中で、大斗はイヤイヤと首を横に振った。


「イザベラ」

「わたくしは、――」

「愛しています」


 大斗が道也の頬をはたき、暗転。――



 演出家の四ツ谷よつたにが、二人の演技を「スパイスの利いたアレンジ」だと絶賛したことで、稽古場の隅にいたマネージャーらが胸をなで下ろしていた。

 それを見て、大斗はこの大掛かりなアレンジ(というよりも、アドリブという方が相応しい改変であった)が、道也の独断で行われたものだと知った。


(いい加減にしやがれ)


 出ばなから芝居の色を塗り替えてしまって、残りの場面はどう創っていくのか、他の役者達も戸惑っている。

 が、演出家が認めているものに、大斗が水を差すわけにはいかない。


(まるく収めるのが本業なんだから)


 大斗は自嘲した。

 差し入れのシュークリームについていた保冷剤を、道也に手渡した。


「今の、ごめんな」


 はたいた左の頬が赤くなっていた。


「痛かったです」

「つい本気で叩いちまったから」

「高田サン、俺のこと、嫌いになりましたか」

「――今のは、僕がお前を嫌いで仕方ないってシーンだったろ」


 脚本の本筋からは外れていなかった。四ツ谷もそう考えていて、


「使い古された演目だが、面白く仕上がりそうじゃないか。皆も今一度、新しい芝居に挑戦するつもりで台本を読み込んできてくれ」


 と指示して、稽古をしまいにした。

 誰もが、ひどい疲労感を覚えていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る