今度は死がふたりを分かちませんように。

作者 月船みゆ