第2話 流浪の運命

・・・・・・・


 荷馬車の上に 子牛が一頭

 ロープにつながれ 横たわる

 高い空 ツバメが一羽

 楽しそうに 飛び回る


 笑い声が麦畑を吹き抜ける

 笑って 笑って 笑って

 一日中笑っていた

 夜の間でさえも


 ドナドナドナ……


 子牛は泣いている 農夫が言った

 牛になれと誰が言った?

 鳥になれなかったのか

 ツバメになれなかったのか


 つながれた哀れな子牛

 運ばれて屠畜とちくされる

 翼を持つ者は高く飛び

 誰にも隷属しない


(イディッシュ語 原詞より)


 ・・・


「シスター、本当にあの子は、今日初めてピアノを弾いたのですか」


「はい……わたくしも驚いてしまって。先生の演奏が終わって、お昼の休み時間から食事もとらずにずっとピアノで遊んでいたと思ったら、いきなり弾き始めるものですから」


「左手は少しばかり遊んでいるが、私が演奏した『フーガの技法第一番』の主旋律を、これ程正確に弾けるとは……しかもフーガの技法、遁走とんそうそのものを、彼なりに理解している」


「ほんとにびっくり、しかも椎名先生、実は、恭平くんは軽度の難聴で、低音障害型感音難聴といいまして」


「メニエール病……ですか、低音が聞こえていない。耳鳴りや、めまいもあるのですか」


「いえ、めまいはないようで、蝸牛型メニエールだとか」


「では彼は、バッハの低音部分を自身の感性で、予測しながら弾いているというわけですか……」


「難聴に気がついたのは、つい最近のことで。恭平くんがこの施設に来て三年になりますが、わたくしはバッハを演奏したことは一度もありません」


「バッハを初めて聴いた……では、今までシスターは、どんな曲を演奏していたのですか」


「施設の子供達が一緒に歌える、童謡や民謡、サウンドオブミュージックのエーデルワイスや、メリーポピンズのチムチムチェリーなどです。恭平くんは特にドナドナが大好きで、よくひとりで歌っていて」


「ドナ ドナ……。本当に、ピアノに触ったのは今日が初めてなんですよね」


「あっ、はい……」


「これはまいった。彼の脳が瞬時に、聞こえていない旋律の低音部分を補っているのか……。今日初めて聴いた曲の」


(8歳。少々遅咲きだが、しかし……)


 ・・・・・


 今日は酷いな、海鳴りが聞こえてる...桟橋で砕け散る波の音が四六時中聞こえる。その響きは、時に俺を絶望の縁に追い込むんだ。

 胸の十字が疼く、こんな日は家に帰りたくない。また、父さんを失望させてしまうから……


 昨晩、夢を見た。

 風船のようにふわふわと空を漂う。体は見えぬ、漂っているのは俺の意識だけだ。そこから、大海原に揺れる黒い塊をただ見つめている。その塊が何なのか、遥か上空を游ぐ俺には理解できない。暫く眺めていると、いつのまにやら傍らでトンビがホバリングを楽しんでいる。トンビには俺の意識が見えるのか……風を読み、翼を微妙に調整しながらランデブーを楽しんでいた彼女は、突然俺から離れキィーと鳴いた。その直後、雷鳴が轟き、下降気流に巻き込まれた俺の意識が回転しながら水面近くまで追いやられると、そこで初めてその黒い塊が何なのかを知る。そいつは俺の体だ。目を瞑り、大の字で漂う体は徐々に波に飲み込まれ、そのうちに見えなくなる。瞬時に意識は元あった場所に吸い込まれ、途端に息が出来ずもがき苦しみながら、まるで足に鉛を埋め込まれたかのように、底知れぬ、海の暗闇をめがけ一直線に沈んでゆく……


 すまないな父さん、ショパンは嫌いなんだよ……でもね、モーツァルトは好きなんだ。その、死にざまがね。


 ・・・


「ただいま……」

(父さん、今日は休ませてくれないか)


「恭平おかえり、うがいをしておいで。直ぐに始めよう、エチュードオーパス25の2番からだ。練習曲として3回は指を慣らしておいてくれ。その後に本命のop10に入るとしよう」


「……はい、わかりました」


 ・・・


「音の粒を揃えるんだ、滑っている...だめだめ、抜けているぞ、タッチが浅すぎるんだ!これではop10は弾けないぞ、リズム&スタッカートでの練習を怠ったな」


「…………」


「op25でこの程度では予選は無理だ。繰り返しながら少しずつスピードを上げて、もう一度練習のし直しだ。弾き続けることが大事なんだよ」


「ごめんなさい」


「毎日の練習に取り入れる様にしないと」


「わかりました父さん」


「コンクール迄3週間だ。夕食後に続けよう」


「……はい」


 ・・・・・


『父さん、ごめんなさい。僕は父さんの期待には応えられそうにありません。父さんには感謝しているよ、でもね、僕の生きる場所はここでは無いんだ。わかるんだよ。このままでは父さんを失望させてしまうのは目に見えてる、それに僕も、試練の狭間に潰れてしまいそうだ。だからね父さん、僕はここから出てくよ。心配しなくても大丈夫、一人でもやって行けるから。父さんから授かったピアノの技術、これは僕にとって唯一の武器であり、宝だ。こいつを活かして生きて行くつもりさ。だから、僕を探さないで下さい。その代わりに手紙を書きます。定期的に書くから、どうか、赦して下さい』


 ・・・


(あれから5年か……)


「椎名恭平、ついにオファーが来たぞ、アッシュ・ハーパーからだ。場所を聞いて驚くなよ」


「あぁ、アッシュからか。何て言ってきたんだい」


「12月20日、場所はマンハッタン、ヴィレッジヴァンガード! ワンウィークライブだ。ゲストプレーヤーとしての参加だが、アッシュとの共演だ、話題になる」


「ヴィレッジ、ヴァンガード、本当か……」


「あぁ、本当だとも、収録も予定されている。こいつがお前の世界デビューとなる。新曲も聴いて貰った、パーフェクトだとさ!」


「ハハッ、それは良かった」


「なんだそれだけかい、もっと喜べよ。アッシュのギターとのセッションライブだぜ。しかもクリスマスウィークのナイトステージだ、ニューヨークいや、アメリカ、いやいや、世界中のアーティストが注目するぞ」


(ついに、ここまで来た……ながかった)


「いいか、日本を離れる迄はオフレコでいく。しかし、現地では噂が先行するだろうがな、へへっ、今から楽しみだ。凱旋帰国の時は覚悟しておけよ。12月に入ったら渡米する。それまでの日本スケジュールだ」


「これは……」


「あぁ、ライブハウスではない。全てコンサート会場を押さえてある。300席以上のな。心配するな、プロモーションは任せてくれ。金は掛かるが、こっちにいるうちに、少しでもお前の知名度を上げておきたいからな」


「新曲は、いつから演奏出来るんだい」


「アッシュからは、ヴィレッジヴァンガードのライブ収録のCDでお披露目したいそうだが、こっちのコンサートで演奏するのは構わんだろ。コンサートパンフレットの最終頁に新曲の歌詞を差し込むつもりだ。構成を考えといてくれ」


「それは、良かった……」


「俺の目に狂いは無かったな。神楽坂のライブハウスで、初めてお前のプレーを見た時のことを今でも覚えているよ。お前の目はまるで野良犬のように鋭く、しかしその奥に、狼の如く孤高の哀しみを湛えていた」


「…………」


「容姿と雰囲気は合格だ。こんな奴が、どんなピアノを弾くのかと興味をそそられたが、実は期待はしていなかったんだ。大抵が荒削りの、基礎も出来ていないような輩ばかりだからな。勢いで誤魔化すような」


「そうかい……」


「しかしお前は、まんまと俺を出し抜いた。素晴らしかったよ。特に『Autumn Leaves』ヒギンズの安定感と、エヴァンスの奇策とを持ち合わせた、しかも、青く静かに燃えるようなソロに、ローランド・ハナを見た気がした……全く見事な演奏だった。そうそう、いきなりのショパンには面を食らったがな」


「フフッ、僕にとっての神はグレン・グールドなのだが」

(なんて日だ……最高のバースデープレゼントだぜ。生きてりゃこんな日が来るんだな)

「父さんすまないな、もう3年も連絡していなかった。ニューヨークから帰ったら手紙を書くよ」


「ん、何かいったか」


「いや、なんでもない」


 ・・・・・


 過去は私にとつて苦しい思ひ出である。過去は焦躁と無為と悩める心肉との不吉な悪夢であつた。月に吠える犬は、自分の影に怪しみ恐れて吠えるのである。疾患する犬の心に、月は青白い幽霊のやうな不吉の謎である。犬は遠吠えをする。私は私自身の陰鬱な影を、月夜の地上に釘づけにしてしまひたい。影が、永久に私のあとを追つて来ないやうに。

 ・・・萩原朔太郎 「月に吠える」序文より


 ' The Moon Of Saku '

 There is light in the night of Saku.

 I understand.

 The fate of exile.

 A soul wandering at

 the end of the drift.

 One heart of the empty shell,

 just disappear into the waves.

 Illuminate only the truth

 invisible light shoots me.

 The shadow that falls there.

 The faintly dark shadow is all about me.


「朔月」

 朔の夜に光はある

 私には解る

 流浪のさだめ

 漂泊のみぎわに

 彷徨う魂

 抜け殻のこころ ひとつ

 ただ 波に消え行く

 真実だけを照らし出す

 見えない光が私を射ぬき

 其処に落ちる影

 仄暗いその影が 私の全て


(よし、これでいこう……やっとここまで来た。全てはこれからだ)


・・・・・・・

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る