ぼくたちの夏は、今日も音符でできている

作者 春川晴人

音楽って、音符って、ヒトとヒトをツナグモノ

  • ★★★ Excellent!!!

音楽って衣食住とは違い生に直接必要なものではないかもしれません。
けれどもやっぱり音楽のある毎日は人生を豊かにしてくれます。

一緒に音楽を作り上げる仲間がいるのならなおのこと。
フクザツな事情を抱えているメンバーを皆で支えて紡ぐ音符。

物語は完結しても彼らの音楽はいつまでも続き、そのときそのときの感情を音符にのせることでしょう。

彼らの夏は、ううん、きっと秋も冬も春も音符でできている。
そしていくつもの季節を素晴らしい仲間と作る音符で過ごしていけますように。

そんな風に彼らを見守りたくなる『音楽モノ』作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

桜井今日子さんの他のおすすめレビュー 436