過去に仲間を失った男は支える冒険者を目指し、超一級サポーターとなる

作者 Gai

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全131話

更新

  1. 一話 完全に信用はしない
  2. 二話 奇襲成功
  3. 三話 狂ったように追い求めた
  4. 四話 選ぶ権利はある
  5. 五話 広まる噂
  6. 六話 今更だが
  7. 七話 冒険心が湧き上がる
  8. 八話 バランスが取れている
  9. 九話 次は実力の確認
  10. 十話 汚いとは言わせない
  11. 十一話 四人の中では一番
  12. 十二話 イカれた馬鹿共
  13. 十三話 同族以外は敵
  14. 十四話 家に帰るまでが
  15. 十五話 プライドが邪魔する
  16. 十六話 まるで修羅の様に
  17. 十七話 ありがちな悩み
  18. 十八話 とりあえず捨てよう
  19. 十九話 止まらないソワソワ
  20. 二十話 ハマったら……完全に沼
  21. 二十一話 知らなければ潰れる
  22. 二十二話 客から流れて
  23. 二十三話 努力と実戦で造られた肉体
  24. 二十四話 無茶と無謀
  25. 二十五話 屑は下に伝わる
  26. 二十六話 慣れるまで繰り返す
  27. 二十七話 方法はある
  28. 二十八話 真面目にボコボコにする
  29. 二十九話 戦闘中には邪魔な考え
  30. 三十話 そのままブチっと
  31. 三十一話 数と密度が違う
  32. 三十二話 売るか売らないか
  33. 三十三話 挑戦的集中
  34. 三十四話 離れていようが関係無い
  35. 三十五話 意表を突く効果
  36. 三十六話 偶には折れないと
  37. 三十七話 喜びはあった
  38. 三十八話 完璧な戦いだった
  39. 三十九話 今回はお前の為に
  40. 四十話 若い奴はやっぱり好きな話
  41. 四十一話 経験者ならばどうなのか
  42. 四十二話 恋心の暴走
  43. 四十三話 それぞれに役割がある
  44. 四十四話 その味は知っている
  45. 四十五話 久しぶりでも鈍ってない
  46. 四十六話 もう少し休んで欲しい
  47. 四十七話 一発が高い
  48. 四十八話 ツケを払うために
  49. 四十九話 数えきれない
  50. 五十話 それは造れない
  51. 五十一話 そのミスは恥
  52. 五十二話 気が遠くなる
  53. 五十三話 触れるのが早かった
  54. 五十四話 戦いと一緒だ
  55. 五十五話 実戦あるのみ
  56. 五十六話 同時発動
  57. 五十七話 不吉は続く
  58. 五十八話 何故現れたのか
  59. 五十九話 やはり味は気になる
  60. 六十話 理想の五角形
  61. 六十一話 一番の元
  62. 六十二話 便利ではある
  63. 六十三話 そこは変わらない
  64. 六十四話 一番下までソロで
  65. 六十五話 利益がない
  66. 六十六話 普段なら気付くが
  67. 六十七話 役には立つが……
  68. 六十八話 いつもの言葉
  69. 六十九話 そろそろ違う街に
  70. 七十話 落ちるアホたれ
  71. 七十一話 丁度良い相手
  72. 七十二話 当らず流される
  73. 七十三話 無駄に心配する
  74. 七十四話 自信を持っている攻撃
  75. 七十五話 合うか合わないか
  76. 七十六話 経験が少ない
  77. 七十七話 前には出ず戦う
  78. 七十八話 三つの技術が必要
  79. 七十九話 疑う
  80. 八十話 とりあえず報告だけ
  81. 八十一話 気圧される
  82. 八十二話 年単位で鍛える
  83. 八十三話 焦る場面はある
  84. 八十四話 誰かに罪を押し付けたい
  85. 八十五話 重さという名の負荷
  86. 八十六話 タダでは働かない
  87. 八十七話 勇気を出してみよう
  88. 八十八話 ネタ晴らし
  89. 八十九話 命をベッド
  90. 九十話 タダで教える価値があった
  91. 九十一話 看板娘とお喋り
  92. 九十二話 珍しい上位種
  93. 九十三話 良き戦いに感謝
  94. 九十四話 どの噂は本当?
  95. 九十五話 査定が終わってから報告
  96. 九十六話 なんとなく解る
  97. 九十七話 懐かしの件
  98. 九十八話 ギルド内だけではなく
  99. 九十九話 特殊な解体用短剣
  100. 百話 ……何かやらかしたか?
  101. 百一話 反応も判断も出来ずに
  102. 百二話 渡す理由
  103. 百三話 ギリギリ置ける
  104. 百四話 関わっているのは……
  105. 百五話 やはり原因は
  106. 百六話 変な方向に進化?
  107. 百七話 無意識に来ていた
  108. 百八話 似合わない
  109. 百九話 慣れない呼ばれ方
  110. 百十話 意見の食い違い
  111. 百十一話 なるべく控えて欲しい
  112. 百十二話 違和感を感じた差
  113. 百十三話 永遠ではないが……
  114. 百十四話 数を増やす
  115. 百十五話 裏返せば武器になる
  116. 百十六話 考え過ぎ?
  117. 百十七話 五人だと超早い
  118. 百十八話 やはり同じ考えに至る
  119. 百十九話 新たな群生地を探してる?
  120. 百二十話 それでも心配される
  121. 百二十一話 しつこいと鬱陶しい
  122. 百二十二話 二人は納得してないが
  123. 百二十三話 なんとなく事情を察した
  124. 百二十四話 二つの怒り
  125. 百二十五話 後日お礼を
  126. 百二十六話 そこら辺は自分たちでやれ
  127. 百二十七話 友人に報告
  128. 百二十八話 伝えれば理解するだろう
  129. 百二十九話 先日の二人
  130. 百三十話 面子を潰さない為に貰う
  131. 百三十一話 それは他の武器も同じ