偽私〜推しに認知されたくて嘘ばっかついてたらとんでもないことになった。

作者 大宮れん

0

0人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?