アヴァター・ボット

作者 石燈 梓(Azurite)

人間の禁忌と倫理について。

  • ★★★ Excellent!!!

 主人公の男性のもとに、コアラ型(?)のロボットがやってくる。そしてこの男性が働く宿にも、人型ロボット(AI?)がやって来ていた。この人型ロボットは、重い病のためのに、病院から抜け出せない少年の身代わりのような役目を担っていた。つまり、少年の身体の延長が、この人型ロボットだった。
 人型ロボットには少年の表情が映し出され、感覚も伝わる。少年は病の難解な手術を受け、その手術は成功する。
 一方、コアラ型ロボットからは、ある記録が二年分にわたって残されていた。

 人間のクローンや、個としてのロボットの製作の禁止。その一方で、我々は既に動物のクローンを誕生させ、人型のロボットを作り続けている。この作品は、SFとなっているが、現代ドラマとしても十分に意義がある。この作者様でしか出せない問題提起や、人間の存在価値の問いなど、現代に潜む人間の倫理の危機を考えさせられる一作でした。

 是非、御一読下さい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

夷也荊さんの他のおすすめレビュー 939