五十嵐浜高校七不思議

第7話 五十嵐浜高七不思議 1

 春、四月一〇日、朝七時。

 鳴りかけた目覚まし時計を長い腕を伸ばして止め、南野みなみの陽向ひなたはベッドの上に体を起こした。今日から高校生だ。目覚めたばかりなのに、その眼はすでに意志的に輝いている。

「あらやだ。あんたそのカッコで入学式出るつもりなの」

「どこもおかしくない。校則通りの制服だ」

「校則ではそうかもしれないけど。だけどねえ」

 溜息をつく母親に目もくれず、陽向は冷蔵庫を開けた。

 陽向が冷蔵庫から取り出したのは、牛乳の一リットルパック。ぱかっとパックの口を開け、直接口をつけてごくごくと飲んでいく。

「あんたは銭湯のオヤジか」

 腰に手を当てて牛乳を飲んでいる姿はその通りだが、さすがにそれで一リットルパックを飲み干すオヤジはそういないだろう。

「毎日、牛乳をきらさないでいてくれるのには感謝してる」

 これが南野陽向の朝食なのだ。

「ちゃんと朝食とりなさい。それ以上背を伸ばすつもり?」

「おっつかない」

 空になった牛乳パックを置いて陽向が言った。

「ぜんぜんおっつかない」

 そんな南野家のワイルドな朝の食卓に聞こえてきたのは、幼なじみの佐々木ささき裕美ゆみの声だ。

「ひーなーたーちゃーーん」

 その姿と仕草は人類におけるハムスターだという。

 その声はなにものをも幸せなピンク色に染めるという。

 そしてその通り、春の朝から、高校の入学式というワクワクの朝から、なにが君をそのように不機嫌にさせるのだという表情を崩さなかった陽向から、とろけるような笑顔を引き出したのである。

「はーあーいーー」

 母親はもう一度溜息をついた。

「あんたを生んだあたしじゃなきゃ、腰抜かしてるわよ。その図体のどこからそんな声を出してんのよ、まったく」

 さすがの陽向も頬を染めてしまったようだ。



 この時期、この北の町では桜はまだ早い。

 五十嵐浜いからしはま高校前駅の小さな駅舎をでると大きくて古そうな桜があるが、まだ三分咲きといったところだ。それでもすでに華やかで美しい。

 駅から流れていく同じ制服の波も、桜に負けずに華やかだ。

 そして少女たちの視線は陽向へと釘付けとなる。

「ひなたちゃん、注目ですね」

 裕美が言った。

「なんで」

「自覚がないのですか」

「だからなんで」

 本人はまだおっつかないと言うが、スラリとよくのびた手足。ほどよくきつくない切れ長の目。ナチュラルに形のよい唇。南野陽向は、どこからどう見たってとびきりの美少年なのだ。

 そして――。

「あのですね、ひなたちゃん」

「なに」

「もしかして、そっちも無自覚ですか」

「だからなに」

 陽向はその涼しげな目でまわりをキョロキョロと――ギロギロと睨んでいるのだ。

「みんな怯えてます」

「……」

 陽向は周囲を見渡すのをやめた。どうやらそれは無自覚ではなかったらしい。

(今のところは、危険なヤツも意外なヤツもいない)

 そんなことを考えている。



 駅からは長い坂だ。

 住宅街というにはちょっと町外れで、だからこそ大きな古い家と大きな新しい家がよく手入れされて建ち並んでいる。じろじろと眺めるわけにはいかないが、なかなか素敵だ。

 そして裕美が「わあっ」と声を上げた。

 坂道を登り切った瞬間、絢爛な桜並木がざあっと視界に広がったのだ。

 駅の桜は一本桜だったけれど、ここには数百本の桜がある。校庭の桜並木を従えるのは大きな校舎だ。

「私たちが三年通う学校だねー」

 嬉しそうに裕美が言った。

 陽向もワクワクを覚えながら校舎を見上げた。

 そういえば受験の時も合格発表の時も、入学手続きに来たときもこの坂道を登ってきたわけじゃなかった。ふうん、駅からつづくこの坂道はなかなかの舞台装置だ。



 奇跡が起きた!

 校庭に張り出されたクラス分けに、陽向は拳を握り締めた。

「ひなたちゃん、いっしょのクラスですよ!」

 裕美に言われるまでもなく、陽向はとうに確認している。

 裕美と一年間、同じクラスだ!

 更に陽向は、クラスの他の名前のチェックも終えている。同じ中学出身はふたりだけ。同じ中学からここに進学する生徒は少ない。だから裕美にも勧め、自分もここを選んだのだ。

 林原はやしばら詩織しおり

 中学で成績トップだった。

 篠田しのだ菜々緖ななお

 おとなしい子だ。

 このふたりなら心配することはないだろう。

 ここまで、なにからなにまでうまくいっている。

 裕美とは幼稚園からずっと一緒だとはいえ、同じクラスになることは意外となかった。そして自分たちを知っているのは、自分たちをほっといてくれるだろうふたりだけ。なんだか見覚えがある名前をもうひとつ見つけたような気もするけど、まあいい。

「あれ、どこに行くのです、ひなたちゃん」

「ちょっと調べたいことがあるから」

 同じクラスなのだから、ギリギリまで張り付いていることはない。それより春休みの間に気になっていたことを調べちゃおうと思った。ウキウキと陽向が向かったのは――。

「一七四、一」

 伸びている!

 ここでも拳を握り締める陽向だ。

 一七四に乗った! 年齢的にそろそろ伸び止まるかなとビクビクしていたけど、中学卒業から〇、三センチも伸びている!

 よし、まだまだ牛乳は続けるぞ!

「――!?」

 戸が開けられる音と息を呑む気配がして、陽向は振り返った。

 保健室の入り口でスーツの女性がかたまっている。

「やだ……どこかの生徒が迷い込んだのかと思ったわよ。よく見りゃうちの制服だけどさ、そんな格好なんだもの。ああ、そうか。君、南野陽向クンだね」

「そうです」

 保健の先生だろうか。

 なぜ自分の名前を?

「よろしく。君のクラス担任の藤森ふじもりセンセだよ。それでどうしたの。クラス分け見たら自分のクラスに集合、でしょ。どこか具合でも悪いの? 美芳みよし先生は?」

 美芳先生というのが保健の先生なのだろう。

「いないみたいです」

 誰もいないのを確かめて中に入ったのだし。

「気分でも悪くなった?」

「いえ、どこも。少し調べたいことがあったので」

「ふうん?」

 自分の身長を。とは言えない。

「先生はどうして保健室に?」

 藤森先生はケラケラと笑い出した。

「いやちょっと、ゆうべワイン呑みながらゲームしてあんまり寝てなくてさー。二日酔いの薬か、せめて酒臭さ消す薬ないかなあって。あはは」

 とんでもない担任に当たってしまったようだ。

「内緒よ、内緒。うふふ。美芳~。いないの~」

 そんな語尾にハートマークつけたような声で言われても、むっちゃお酒臭いんですけど。



 マウスペットのクールミントな匂いが無理矢理漂う初めてのHR。

 陽向は今日はじめての失望を覚えていた。

 出席番号順に並べられた席順で、陽向は前のほう、裕美は後のほうの席になってしまったのだ。

 そのうち席替えがあるだろう。その時にはなんらかの理由をつけて最後列の席にしてもらおう。自分は背が高いのだからなんとかなるだろう。その方がクラスを監視できる。

 そして。

 授業中、裕美の姿をいつでも見られるように。

 うふふ。

 陽向のふてぶてしい表情が崩れた頃、口をもぐもぐさせていたハムスター少女も陽向の後頭部に寝癖を見つけ、うふふと笑っていた。



 そしてもうひとつの失望はすぐにやってきた。

 アイツなのか。

 絶望に近い気分で陽向は思った。

 あのグループの中で、よりによってアイツが五十嵐浜に来てしまったのか。

「どうしたのです、ひなたちゃん」

 体を硬直させている陽向に裕美が声をかけた。

「なんでもない」

 入学式のために大体育館に集まってきた一年生の中に、その横顔があった。裕美も気づいただろうか、あいつに。

 気づいただろう。あれだけ目立つ。



 笈川おいかわ真咲まさき


 美しく華やかでヒエラルキートップに君臨した女王さま。今だってそこだけ空気が違うように彼女は輝いている。



 入学式が終われば高校生活の初日は終了だ。

 それぞれに帰宅していく新入生の流れの中で、陽向は校庭の桜を見上げている。今はまだ三分咲きの控えめな桜。満開になれば、気が遠くなるほどわがままに咲き誇るのだろう。

 あらためて誓え、南野陽向。

 今度こそ守り抜くんだ、裕美を。

 ふと見ると、もうひとり桜を見上げている少女がいる。すらりとした長身に長くきれいな髪。なんだか現実感がない。春の光にとけこんでしまいそうだ。



「ねえ――ほんとうにそこにいるの?」



「ひなたちゃん、どうしたのです」

「あ、裕美。忘れ物は見つかった?」

「はい、ありました。ねえ、どうしてひなたちゃんは泣いてるんです」

 陽向は涙を拭き笑顔を浮かべた。

「なんだかきれいすぎる幻を見たんだ。それでなんだか持ち直したんだ。ちょっと凹みかけてたけど、持ち直すことができたみたいなんだ」

「そうですか」

 裕美はにっこりと笑った。

「よくわからないけど、ひなたちゃんがそうなら裕美さんも嬉しいです」

 どっと、陽向の目からまた涙が溢れた。

「あれ、あれ。身体は大きくなったのに、ひなたちゃんは泣き虫ですね。ハンカチを貸してあげるからこれで拭きなさい」

「うん」

「帰ってお昼ごはんを食べましょう。裕美さんは野菜炒めラーメンを作るつもりですが、ひなたちゃんもうちに来て食べますか」

「うん」

「じゃ、帰りましょう」

 陽向の手を引いて、裕美が歩きはじめた。

 陽向は目をこすりながら振り返って校舎を見上げた。



 三年間、よろしく。

 わた――おれ、がんばります。



 陽向と裕美の高校生活はまだ始まったばかり。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る