第4話 あなたのキスを数えましょう 4

 森川もりかわ志津子しづこさん。

 すらりと背が高く、さらさらの長い髪とセルフレームのメガネ。普段はあまり喋らない、おとなしい子だ。同じクラスだし、陽向ひなたも存在は知っていたが名前までは知らなかった。


 夢で私にキスした人はだれですか。


 だけど、祥子さんの机にその書き込みをしたのは彼女なのだ。

 自分の書き込みなんてだれも気づかない。気づかれたとしてもちょっと話題になっておしまい。そう思っていた。だけどクラス中の話題になってしまった。それどころか、誰が書いたか突き止めるとまで言う。

 森川さんは動揺した。

 書き込みを消そうと思った。

 放課後では無理だ。人が多すぎる。

 朝早くなら。家族には、寄るところがあるからと言って早く家を出た。そしてだれもないことを確認して教室に入り、消しゴムを取り出そうとバッグに手を入れたところで足音が聞こえてきた。森川さんは慌ててカーテンの影に隠れた。教室に入ってきたのは南野みなみの陽向ひなた。陽向もまた辺りを窺いながら祥子さんの机に近づいた。

 南野さんも祥子さんの机になにか?

 まさか、書き込みに?

 陽向はスマホを机の中に差し入れた。

 なにをしているんだろう。

 陽向はスマホを戻すと祥子さんの机から離れた。

 森川さんは慌てた。

 近づいてくる。

 陽向は窓にもたれスマホを弄りはじめた。器用に片手と口で牛乳パックにストローを突っ込み、そして突然気づいてしまった。すぐ横に森川さんがいることに。

「……」

「……」

「おはようございます……」

 顔を真っ赤にさせ、カーテンを握り締め、森川さんが言った。

 少なからずこちらもパニくっている陽向も挨拶を返した。

「おはよう……」

「……」

「……」

 森川さんはカーテンから飛び出した。

 無理!

 ただでさえコミュ障なのに、こんな状況でアドリブなんて無理!

「待てよ」

 そんな森川さんの手を、陽向が掴んだ。

「あんた、どこまで知っているんだ?」

「――?」

「いいか。裕美ゆみを泣かしたら、おれが黙ってないぞ。おれが――」

 目を鋭くしていた陽向の顔に戸惑いが浮かんだ。

 森川さんの目から涙が落ちたのだ。

「あ――ええと、あの……」

 森川さんの涙は止まらない。

「いや、だからさ、裕美に泣いて欲しくないけど、あんたに泣いて欲しいわけでもなくて。あの……」

「なーーにやっとるんだね、君たちは」

 あっと陽向は、教室の入り口へと顔を向けた。

「いーーけないんだ。女の子泣かせちゃった。どうすんだ、色男」

 二八歳独身。

 藤森ふじもり先生が入り口にもたれ、にやにやと笑ってこちらを見ている。

「よろしい。南野くんには先生から宿題をあげよう」

「なんで!」

「ふうん?」

 藤森先生はもたれていた体を起こし、教室に入ってきた。そして自分のスマホを陽向へと向けた。表示されているのは、泣いて嫌がっている女生徒の腕を掴んで無理矢理引き寄せようとしている(ように見える)生徒だ。

「生徒を脅迫するつもりですか……!」

「うん」

 素敵な笑顔を浮かべる藤森先生だ。

「はい。それでは先生から南野くんへの宿題。キス夢事件を収拾しなさい」

「おれは祥子さんじゃないです!」

「でも空き机の祥子さんに代って相談ごとを解決しているのは君でしょう? 君と佐々木ささき裕美ゆみの名探偵コンビよね。一昨日もきれいな一件落着を見せて貰いました」

 とん、と藤森先生は空き机を人差し指で叩いた。

「見てごらんなさい」

 机の上を見た陽向は、あっと思った。まだすんすんと鼻を鳴らしている森川さんも驚いている。

 キス。

 私のキスの相手はだれですか。

 私もキスの夢見ました

 私の初めてのキスの相手を教えて。キス、キス、キス。

 だれにも見られないように天板の裏の書き込みを撮影するのに集中していて気づかなかった。机の上はキスの書き込みだらけだ。それも普段より圧倒的に多い。森川さんも机をよく見る前に陽向が入ってきたので気づかなかった。自分の書き込みを消すどころじゃない。どこにあるのかすら、もうわからない。

「こう浮ついた感じになっちゃうと困るのよねえ」

「ごっ、ごめんなさい!」

 森川さんが激しく頭を下げた。

 藤森先生は眼を細めた。

 ふうん、発端はこの子か。

「それに」

 と、藤森先生が言った。

「犯人捜しが始まったりしたらどうするの。そういう時って残酷よ?」

 びくりと森川さんが体を震わせた。

「まあ、もう元の書き込みがどこにあるのかわからないけど、安心出来ない。そういうわけで、期限は今日の放課後まで」

「えっ!」

「さもなければ、この机は撤去」

 森川さんはぎゅっとスカートを掴んでいる。

「ごめんなさい……」

 森川さんが言った。

「こんなつもりじゃなかったんです……。私は……ただ……」

 うつむく森川さんを見つめて何事か考え込んでいた藤森先生が、教室の入り口のほうに顔を向けた。

「ほら、相棒もきたよ。色男」

 黒目がちの目で口をもぐもぐさせている裕美が入り口に立っている。

「じゃ、三人でいい解答をみつけてね。だめだったら相談にきて。でもま、先生は、空き机の祥子さんのあざやかな解決を期待していますよー」

 ウインクをして藤森先生は教室を出て行った。



 全員が主役だったら、舞台は成り立たない。

 幼稚園の時、浦島太郞や乙姫さまが七人ずついる劇をやった。それはそれで、その七人にすら選ばれなかった子にはむしろ残酷だ。そしてその場合でも亀や亀をいじめる役は必要なのだ。

 私は脇役。魚のひとり。

 わかっている。

 主役になろうと努力したこともないのだし。

 目立つことも嫌いだし。

 主役になったとして、それを演じ続ける覚悟もないのだし。

 だけどたった一度のシーン、その瞬間だけ主役だったことが私にはある。


「ねえ――ほんとうにそこにいるの?」


 あの光景があざやかすぎて、私を捉えて離してくれない。



 朝のホームルーム。

 しれっと、何事もなかったようにいつものちゃらんぽらん教師を演じている藤森先生だ。陽向は藤森先生を睨み付けて腕を組んでいる。いや、睨んでいるわけじゃない。頭の中は必死に考えているのだ。

 夢キス事件の収拾?

 いったいどうやって。

 ちらと見ると、森川さんはうつむいている。

 彼女、自分からばらすんじゃないだろうな。あの「夢キス」を書いたのは自分だと。そんなことをしたら、藤森先生じゃないけどきっと残酷なことになる。

 そして実際に、森川さんはそうするための勇気を奮い立たせようとしていた。

「あれは私が書いたの!」

 はやく。はやく。

 立ち上がって言わなきゃ!

「あんた、どこまで知っているんだ?」

「いいか。裕美を泣かしたら、おれが黙ってないぞ。おれが――」

 あの机にはなにかあるんだ。あの二人にとって大切ななにか。それを私のいたずらなんかで失わせちゃだめ。お願い、勇気を出して! 南野さんにだけは迷惑をかけたくない!

 森川さんは体を小刻みに震わせている。

 考えろ、南野陽向。

 おれは、そんな解決は望まない。

 肩越しに後ろの席の裕美を確認すると、裕美は例によって小動物化して焦点が定まらない黒目がちの目で口をもぐもぐさせている。ああ、今日もかわいい。尊いほどかわいいけど今はそれどころじゃない。

 あれ、と陽向は思った。

 その焦点が定まらない裕美の視線がくりっと動いたのだ。

「?」

 陽向は体を前に戻し、裕美の視線の先を確認した。

 教室の入り口。

 上品そうなおばさんが教室をのぞきこんでいる。

 あれ、このおばさん、どこかで見た覚えがあるぞと陽向が思ったとき、藤森先生が声をあげた。

「校長先生!?」

 えっ、校長先生!?

「お邪魔しますよ、藤森先生」

 戸を開けて、校長先生が教室に入ってきた。

「ごめんなさいね。私の年甲斐もないイタズラがバレてしまったそうなので」

「なんのことでしょうか、校長先生」

 にっこりと校長先生は微笑んだ。

「『私にキスした人はだれですか』。空き机の祥子さんにそうお願いしたのは私です」


 えええええーーーー!???


 そんな馬鹿な! 陽向は驚愕した。

 どういうこと!? 森川さんは愕然とした。

 そして裕美は口をもぐもぐさせた。


「時間をすこし頂いてよろしいかしら。ホームルームの時間は守りますから。こんなおばあちゃんにもみなさんのような若い頃があったというお話をさせてください」

 クラスはざわめいている。

 藤森先生も珍しく動揺している。


 オフコース、浜田省吾。

 ファミコン、ドラゴンクエスト。

 東京ディズニーランド。


「安保闘争には遅すぎて、バブルには早すぎた。日本という国も、あの頃の私と同じで危なっかしく揺れ動いていた。そんな昔のお話です」

 校長先生が言った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る