第18章

 翌朝、りんは機嫌良く、いつもと変わらぬ様子だったので、光彦は安堵した。

 しかし、夜、仕事から戻ると、りんの姿はなく荷物もなくなっていた。

 ダイニングテーブルの上に手紙が置かれていた。

「ごめんなさい。今日から寮に泊まることにします。私のせいで苦しめてしまって、本当に本当にごめんなさい。

 これまで一緒に暮らさせてくれてありがとうございます。料理を作らせてくれて家事をさせてくれて、本当に楽しかったです。

 時々は様子を見に来ますね。栄養が心配だから、時々食事は作らせてください。今日は鈴木さんの好きな肉じゃがを作っておいたので、チンして食べてくださいね」


 目の前が暗くなるという表現があるが、その言葉通り視界が急速に狭まっていった。人はあまりに落胆した時にこういうふうになるのかと思った。

 大切にしていたものを自分の無神経な言葉で手放してしまった。いくら悔いても悔いきれなかった。

 全身から力が抜けてゆき、彼はテーブルの前の椅子にへたり込んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る