第12章

 マムシの粉末やスッポンの錠剤など様々な精力剤や強壮剤を試してみたが、相変わらず光彦は出来なかった。

 不甲斐なさは増すばかりだし、彼女に対して負い目もある。自尊心はぼろぼろに崩れていた。

 しかし、りんはそんなことに何ら頓着しない様子で、毎晩、彼の腕枕で色々な話をした。

 

 中学を卒業しラブホテルに就職した時は薄給の中から毎月2、3万円を家に送金した。風俗で稼ぐようになってからは、妹達を高校に行かせたかったので、その学費もあって多い時には20万円も送金した。ホストと付き合っていた時もむしり取られないよう隠して、なんとか10万円は送った。

 もう妹達は二人とも高校を卒業して働いているので、今は母の生活費の5万円だけ送金している。残りは入れ墨を消す手術代や将来のために貯金しているとのことだった。

 妹のことを話す時は目を細め鼻に皺を寄せて、いつも楽しそうに話した。上の妹は会社に勤めていて彼氏もいて、もうすぐ結婚するかもしれない。下の妹は看護科を出て、立派に看護師として働いていると誇らしげに語った。

 

 りんは自分や家族のことだけでなく、風俗店での様々な話もした。

 客の話や同僚の女の子の話、また風俗店の裏話をした。

 未知の世界のそんな話は刺激的で興味深くもあり、彼は時には爆笑し、時には苦笑し、時には驚きながら聞いていた。

 そういう話題の時は、話し終わると、彼女はいつも「面白かった?」と尋ねた。

「うん。面白かった」と答えると、

「そう。良かった」と言い、満足そうな顔をして目を閉じ、いつも光彦より先に眠りに落ちた。

 

 りんはいつも笑顔であっけらかんとした口調で話すので、聞いている時に悲愴感はなく、面白い話という感じだ。しかし、彼女が寝た後、彼女の話を反芻すると、変態的な性癖のある客の話の時などは、客にいきなりお尻に指を入れられそうになったとか、首輪をつけられて犬の格好をさせられたとか、首を絞められたとか、内容はどぎつくて非道なものが多かった。

 屈託のない満ち足りた寝顔を見ながら、光彦は彼女のこれまでの人生に思いを巡らせた。二十歳も歳下なのに、彼女は自分よりもはるかに苛烈な人生を送っている。

 これまで、どれだけ多くの苦労をし、どれだけ多くの辛い思いをし、どれだけ多くの恥辱を受けてきたのだろうか?

 挫けたり、自暴自棄になったことも一度や二度ではなかったはずだ。

 自分には想像もつかない辛苦を乗り越えてきた逞しい心が、この可愛い寝顔の内側にあることが信じられなかった。

 光彦はそっと彼女の髪を撫でた。

 自分は彼女を肉体的に満足させることは出来ない。

 しかし、傷ついた鳥が羽を休める止まり木のように、彼女に安らぎと休息を与えられる、そんな存在になりたいと思った。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る