第10章

 りんはバスタオルを身体に巻いて、部屋に入って来た。

 「明るいから、消しますね」

 そう言って、壁の照明のスイッチに手を伸ばそうとしたが、光彦はその動きを遮るように、腕を掴んで引き寄せ、抱きしめた。

 バスタオルがはらりと床に落ちる。

 「あっ」タオルを拾おうと身を屈めようとしたりんの動きをまたも制して、光彦は唇を押しつけた。

 そして、そのままベッドに倒れ込み、彼女の上に覆い被さる。

 久しく忘れていた熱い感情が血流とともに全身を駆け巡る。

「臭くない?ねえ、臭くない?」

 答える余裕などなく、彼は無言で貪るように愛し続けた。

 りんは目を瞑ったまま、時折、声を漏らす。

 熱い感情が込み上げて、溢れるばかりになり、いざと思ったその刹那、光彦は自分の体が反応していないことに気がついた。

 愕然とした。どういうことなのか全く分からなかった。

 何?何?頭の中で疑問符が回り続ける。

 彼は狼狽えた。こんなことは初めだった。りんから体を離し、自分で奮い立たせようとした。しかし、ただ焦るばかりで、気持ちが空回りし続ける。

「どうしたの?」

 りんは目を開けた。そして、状況を理解し、上体を起こすと、ベッドを指して「ここに寝て」と言った。 

 光彦は言われたとおりに、彼女の横に仰向けに寝る。

 目を瞑り、神経を集中して、興奮を高めようとした。が、一向に好転しない。

「焦らないで。力を抜いて、リラックスして。ゆっくり深呼吸してみて」

言われた通り、深呼吸をし、力を抜いて、りんにすべてを委ねようとした。しかし、駄目だった。

「ありがとう。もういいよ」

しばらくして、光彦はりんの肩を軽く叩いた。一緒懸命尽くしている彼女が気の毒で申し訳なく思った。

 りんは動きを止め、彼を見つめた。

「ねえ、そんな顔しないで。大丈夫。きっとお酒を飲んでいるせいだわ」

 そう言われて、光彦は自分がひどく情けない顔をしていることに気がついた。

「そうか……。うん、きっとそうだよな」

 無理矢理笑い顔を作って、自分を納得させるように呟いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る