蝶が舞う

作者 御通由人

第6章」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 連続投稿ありがとうございますm(_ _)m
    多分この六話大分と削らざるを得なかったところと邪推します。でも、あかん事してるのに純愛醸し出すような雰囲気が良いですね。

    作者からの返信

    いつもお読み頂き、ありがとうございます。
    今後、光彦の身勝手さがさらに増して来ますが笑、しようもない奴だなと思いながらも、最後までお読みくださいm(_ _)m

    2021年6月21日 22:15