蝶が舞う

作者 御通由人

第4章」への応援コメント

このエピソードを読む

  • もうそういうお店に行くような歳ではないが、何か気になる娘とか居たもんです。この小説の様な経験は無いですが、読んでると何か思い出しますね。