白紙とモノクロ

作者 唐揚ツナ

23

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本作、最初はSNS関係の仕事でゴハンを食べてる主人公の日常的な話が最初延々続くので、タグを読まないで読んだら「何の物語なんだ?」と分からなくなるかもしれません。
ですが、読み進めていくと「ああ、これは恋愛話になるな」と分かってきます。
そこにいくまでちょっと話数を読まないとですが、1話あたりがそんなに文字数がありませんので、それほど大変でも無いかと。

主人公、過去回想から察するに、男気はかなりある男のようですので、きっと熱い展開があると踏んでおります。