セラの森

作者 奥森 ゆうや

その数奇な運命は呪いにも似ている

  • ★★★ Excellent!!!

精霊の存在が認知された世界で運命を求め旅立った少年とそれを追う、弟の物語です。

精霊の位置付けが道徳であり、理なのがこの物語の肝であり、縛り。
どこか達観していながらも周りの人を魅了する兄と健気さで周りの人に助けられる弟の対比が物語を盛り上げます。
物悲しくも摂理とは何だろうと考えさせられるラストは読み応えがあります。
個人的には一気に読むより、ゆっくりと二人の旅を追って行く事をお勧めします。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

森に育った少年・セラは、他の人には聞こえない精霊の声を聞き、父が亡くなった理由の真実を知る。
その時から、彼とさまざまな精霊たち・人間たちとの物語が大きく動き出す…!

人々と同じように、精霊にもよ… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

すごく濃密なファンタジーの世界を味あわせて頂きました!
この濃い内容が10万字に納まっているとは……驚きです。

主人公は旅の中で色々な人々に出会い、世界を知り、成長していきます。
それがファンタジ… 続きを読む

松乃木ふくろうさんの他のおすすめレビュー 104