セラの森

作者 奥森 ゆうや

森を知り精霊を知り、自身を探求する。それは何よりも深く大きな生命の物語

  • ★★★ Excellent!!!

森に育った少年・セラは、他の人には聞こえない精霊の声を聞き、父が亡くなった理由の真実を知る。
その時から、彼とさまざまな精霊たち・人間たちとの物語が大きく動き出す…!

人々と同じように、精霊にもよい精霊・悪い精霊がいます。セラは次々に精霊たちと出逢い、翻弄されながら、自身の謎を探る旅を続けます。

森を抜け、海を渡り、見知らぬ国々の暮らしを知る。旅する者のワクワクした気持ちが、セラの旅とともに広がります。

やがて、彼自身と精霊たち、人間たちに関わる根本の秘密を知る時がやってきます。
セラと精霊たちとの関係は?
精霊と人間が暮らす、この星の命運とは…?

旅するセラを追う弟・トニヤがとても可愛くて。セラが愛しさを感じる人間の代表です。
精霊と人間、双方を知るセラに、ある重大な選択をしなければならない瞬間がやってきます。
セラの旅の果てに待つ運命とは、いったい…。

すべての命あるものを包み込むような、大きく深い愛を感じます。
平凡な言葉ではとても表せない、言葉が出ないほどの感動が待っています。
セラの行く末を、どうかその目で読んで、感じてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

すごく濃密なファンタジーの世界を味あわせて頂きました!
この濃い内容が10万字に納まっているとは……驚きです。

主人公は旅の中で色々な人々に出会い、世界を知り、成長していきます。
それがファンタジ… 続きを読む

黒須友香さんの他のおすすめレビュー 617