セラの森

作者 奥森 ゆうや

それは、運命か、宿命なのか。

  • ★★★ Excellent!!!

少しずつ、ゆっくりじっくりと読みたい作品です。

お父さんが大好きで、家族がとても大切だったセラに、とても悲しいことが起こります。

そして、すべての謎の解明のため、セラは旅立ちます。

さらに、弟のトニヤも兄であるセラを追い、旅立ちます。

はたして二人の眼に映る世界は運命か、宿命か。

重いテーマではありますが、大人が読むハイファンタジーとしてとても読みごたえがあり、キャラクターにシンクロして、応援している自分に気づきます。

おうち時間に、じっくり読み進めてはいかがですか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

春川晴人さんの他のおすすめレビュー 1,088