セラの森

作者 奥森 蛍

その嘘に愛はありますか?

  • ★★★ Excellent!!!

 きっと創作したことのある人ならば一度は考えたことがあるのではないでしょうか。いま自分が書いている作品はノンフィクションではない=読者にとっては所詮つくりものでしかないのだろうか? と。

 でも実際は物語の世界に触れてドキドキしたりハラハラしたり。その世界に息づく命を肌で感じるようなこともあるわけで。

 嘘によってしか描けないものがあるとするならば、こういう物語のことを指すのではないのかなと思いつつ、楽しく拝読しました。
 
 考えることが多すぎる時代に風を肌で感じられるような、心で世界を生き生きと感じられるような、趣深い作品だと思います。

〝旅情〟に触れたいあなたに、オススメです◎

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★ Very Good!!

精霊により恵みがもたらされる森で生きる少年・セラと弟のトニヤ。
けれども、森の精霊によって与えられる恩恵には秘密があり……。

それを知ってしまった時、セラの運命は大きく動き出します。

それぞれ別… 続きを読む

数波ちよほさんの他のおすすめレビュー 141