エピローグ

『千度の祈り』

 愛する者たちがこの世を去り、早千年が過ぎた。


 王を見守るヴーアももう誰一人いない。

 それでも王は生き続ける。


 愛する者たちの子孫が暮らしていけるように。愛する命が続くように。


 王は時々考える。

 故郷の森は元気だろうか。人々は安寧だろうか。


 この地を去る最愛の弟に望んだこと。



――自分の生き血を命の森に播いてほしい。



 思えば森の消失を気に病んでいるのは彼だったかもしれない。


 弟は泣きながら心臓に触れ、血を掬い取りそれを大切そうに抱えこの地を離れた。


 彼の播いた血は故郷の大地を潤し、そこに循環する命を助ける。


 もう、森は出来ただろうか。

 出来ているといい、豊かな動植物が集う場所であるに違いない。


 森はまた命の森になる。

 今度こそ愛される森になる。


 でも、王はそれに交わることが出来ない。


 心の片隅に木の葉の囁きが掠めても、もう森の息吹を肌で感じられない。


 それほどにこの地は遠い、果てしなく遠い。

 だから、王は祈る。自身の生き血が世界の南で生き続ける森にまで届くように。


 困難に負けない強い森であると良い。


 孤独なものを受け入れる優しい森であるといい。


 寂しかった人生、愛された人生を思い出す。


 全ての人々が安寧に暮らせますようにと。


 千度の祈りを込めて王はそっと瞳を閉じた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

セラの森 奥森 蛍 @whiterabbits

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ